merphonia出演アーティスト”Polaris”

15周年の記念祭merphonia
このバンドなくして始まりません
”Polaris”
Vo.&G オオヤユウスケとB.柏原譲(Fishmans/So many tears)によるロックバンド
思い起こせば
2007年の旗艦店cassowaryオープニングイベントで
Vo.オオヤユウスケのソロライブをしてもらって以来
これまでの弊社の活動の様々な場面に
このバンドの曲が寄り添っています
衣装やグッズでも関わっただけでなく
オオヤユウスケ氏に至っては
私の実弟のバンドthe ARROWSのプロデュースも担当してくれた過去もあり
強い縁を感じるバンドです

当然今回のこのmerphoniaにもいの一番に参加を表明してくれました
優しい声のヴォーカルと腹の底に響く分厚いサウンドを
ほろ酔いで揺れながら感じてください
目を閉じて揺れてください
少し日常から解放されていつも使わない脳みそのどこかしらを揺さぶってください

数年前からサポートでNABOWAのドラマー川上優が入り
昨年末からさらにjizueのキーボード片木希依が加わって
また新たなPolarisとしてステージに上がります
私もこのセットでのPolarisは今回のmerphoniaで初めて
非常にたのしみにしております

さあ
merphoniaまであとひと月半
準備は着々と整ってまいりました
まだ迷っている皆様
純粋に音楽と美味いものを楽しみ来てください
きっと後悔はさせませんよ

 

巴里本舗 藤井祐聡

merphoniaに参加する料理人
三人目は “巴里本舗”藤井祐聡(フジイヒロアキ )をご紹介

merph旗艦店cassowaryより徒歩2分
東洞院三条にあるビストロ、いやあえて洋風居酒屋と言いましょう
好立地にもかかわらず良心的な価格で豊富なメニューを楽しませてくれる良心的な店主
その人柄を慕う街のあらゆる職業の常連がカウンターに陣取り
テーブル席では子連れのご家族も楽しく食事をする
アットホームな空間です
会社や友人との打ち上げや忘年会にも柔軟に対応してくれるし
さらに会社から徒歩2分と言う誘惑に負け
私も京都で最も通う店です

しっかり仕込みをされた丁寧な料理の中で
私がいつも必ず頼むのはこちらトリッパのグラタン
これとバケットをつまみながらビールを飲んでいます

この大きなアジフライは私の息子の大好物
一人でペロリとたいらげます
あっさりしたこのタルタルが最高なのです

レギュラーメニューだけじゃなく
季節の食材を使ったオススメメニューも豊富
これは何時ぞやの『タイラギ貝のバターソテー』

さらにランチはキーマカレーが食べられます
彼も本当によく働きます

2月29日は何を出してくれるのか
寒い日にほっこりとするものになるようです
お楽しみに

 

 

春の兆し

2020年が始まり
最早12日
年末年始をまたいだ仕事の再稼働と
年始からの店頭の賑わい
そこに迫り来る決算と
一日が電光石火で過ぎ去って
そうこうしている間に15周年記念祭“merphonia”が迫ってきました
ご協力いただいている皆様のおかげで着々と広まっております
店頭では常にチケットを100枚は持っておりますので
ご来店の際にご購入いただけます
よろしくどうぞ

さて春が来る前に最後の売り上げのピークを迎えておりますcassowary
春を見越したご購入が増えています
今年の冬はもう来ないのでしょうか
今週はこのコートがよく売れました

隙間の買い出したハンガーに春物を飾っていたところ
そこに反応する方が続々とご来店
他にもオフホワイトのパーカや
カモフラージュのチュールスカートがよく売れました
常連さんからも春物の入荷スケジュールにご質問が増えています

そんな状況ですがcassowaryは19日まで営業したのち
しばらく休業をいただきます
春から秋へのシフトのタイミングで
ストックスペースをちょっと作り直します
その後2月2日の創立記念日に豪華なメンバーに夜ライブイベントを行い
2月3日より通常営業を再開します

その2月2日のライブ
もうすぐ各アーティストからの告知も始まります
毎度そうなのですが
この京都の名も無い洋服店の小さなライブイベントに
毎度日本を代表する方々が来てくれることに感謝しかありません
今回も素晴らしい面々が来てくれます
それに加えてライブドローイングが入ります
これはきっとお子さんも楽しめると思いますので
是非親子連れでもご参加下さい
詳細は先日のブログに軽さしておりますので
こちらをご覧ください
merphonia pre-event “merphonia ver.0”

 

merphonia pre-event “merphonia ver.0”

2020年2月29日に開催する
弊社15周年記念祭“merphonia”に先駆け
急遽、創立記念日の2月2日(日曜日)の昼下がりから
旗艦店cassowaryにてプレイベント
“merphonia ver.0”を開催いたします

記念すべき15周年の創立記念日に
豪華なアーティストが駆けつけてくれることになりました

merphの記念日では
もはやレギュラーとなりつつあるPolarisオオヤユウスケ

そしてNABOWAのヴァイオリニスト山本啓がソロで出演


さらに、異色のライブドローイングバンドcalybooからは
ドラマーあらきゆうこ
merphoniaのメインビジュアルを描いてくれた
画家・近藤康平が参加

ゲストとして、ギタリスト名越由貴夫(YEN TOWN BAND/CHARA/椎名林檎/Superfly etc..)を迎えたスペシャルセット

以上3組の豪華な面々の出演が決定しました
参加してくれるアーティストが非常に豪華なのに対し会場がcassowaryなので、60名限定のライブとなります
色々なコラボレートも期待できる素晴らしいライブになると思います
日曜日の昼下がりから弊社が用意するお酒と軽食を楽しみながら
merphの新しい門出を共にお過ごしください。

*******************************
merphonia pre-event ”merphonia  ver.0″

日程:2020年2月2日(日曜日)
会場:@cassowary (京都市中京区堀之上町118)
時間:15:00開場 16:00開演 19:00終了予定
チケット:前売¥4,500(with1drink)小学生以下無料 

お申込みは必要事項をご記載の上下記よりお申し込みください

cassowarykyoto@sanctum.co.jp

必要事項
1:ご氏名(フルネーム 複数名ご希望の場合は代表者のフルネーム)
2:お電話番号
3:お支払い方法
 (1月19日までの店頭現金決済/銀行振込/メールによるカード決済)

Live : calyboo “special set”
        drawing 近藤康平 
        Dr. あらきゆうこ(Cornelius/竹原ピストル/安藤裕子/くるりetc..) 
        G. 名越由貴夫(YEN TOWN BAND/CHARA/椎名林檎/Superfly etc…)

      オオヤユウスケ(Polaris)
   
      山本啓(NABOWA)

Food:カレーライス/極太ソーセージ/ etc…    
drink:ビール/ワイン/ハイボール/ソフトドリンク各種/etc…
*******************************

2020

2020年が始まりました
15周年を迎える本年も
merphとその旗艦店cassowaryをよろしくお願いいたします

さて
急激な冷え込みとともに幕を開けた2020年
merph旗艦店cassowaryは急遽元旦も営業することとなりました
新年の営業は以下の通りです
1月1日(水曜日)13:00〜17:00
1月2日(木曜日)13:00〜17:00
1月3日(金曜日)13:00〜17:00
1月4日(土曜日)休業
1月5日(日曜日)休業
1月6日(月曜日)通常営業(12:00〜19:00)

その後
1月20日(月曜日)〜2月1日(土曜日)まで
新シーズンの準備のため休業いたします

そして毎年休業している2月2日の創立記念日
京都KBSホールで
2月29日(土曜日)に開催するmerphの15周年記念祭
”merphonia”のプレイベントとして
merphゆかりのアーティストを迎えた小さな音楽会を開催します
会場が旗艦店cassowaryですので
60名限定の完全予約制となりますが
素晴らしいパフォーマンスをお届けできると思います
詳細はまた後日こちらで発表します

新年早々慌ただしくなりますが
2020年も有限会社Sanctumを引き続きご愛顧賜りますよう
お願いいたします

ありがとう2019

2019年12月31日
現在午後3時です
29日30日と店を休ませてもらい
本日31日
13時から17時まで荷物が届くのを店で待ちながら
ちょっとだけ営業しています

まあ今日はどなたもご自宅でゆっくりされると思いますし
このまま書類の整理をしつつ
持て余した時間で2019年を振り返ってみようと思います

 

2019年はこのコートから始まりました
昨年の瞬殺と淑女用がなかった件を受けて
60着製作しましたが
これもまた新たな青いコートが欲しいという人口を
増やしただけの呼び水役でした
しかしもうこれで打ち止め
2020年はまた別のものを作らせてください

その次に店頭を盛り上げてくれたのは
このドルマンロングスリーブシャツ
ハイゲージのクールマックスニットを使ったおかげで
室内干しですぐ乾き
その途中にニット素材だからシワもなくなる
昨年作った半袖とともに
このアイデアが夏の正念場を救ってくれました

夏の納品は早々と切り上げて7月早々に到着したのは
スプリットファイバークロスのこのトレンチ
しっとりとしたスウェードのような仕上がりの生地面は
工場を苦しめて
『もう2度とこの生地持ってくるな』と怒られました
文句を言いながらも今年発注した96枚をしっかりと仕上げ
それも7月の頭にピンポイント納品していただいた工場の皆様に感謝
そのおかげでこのコートは8月半ば気温が35度を下回る前に
なんと50着が店頭から消えました

そしてそのトレンチの女性用の在庫が風前の灯火になったところに
真打ち登場
今年もたくさんの方に
このmerph cardinalをお買い上げいただきました
昨年と今年合わせておよそ120着の赤いコートが
京都の街角から全国や世界中へ
インターネットも使わず
店先で直接オーナーを見つけました

他にもたくさんの私の作品に
毎日毎日老若男女国籍問わず
レーベルの名前も聞かずとも
名無しに払うには高額なお代を支払って
それぞれのクローゼットへと連れて帰ってくれました

かつてこそばゆい定型文でmerphを30文字で紹介されて
ストレスを抱えながら洋服を作っていましたが
覚悟を決めてもう自分の目と耳と心が届く範囲でしか売らない
そう決めて2019年地面を裸足で踏みしめて前に進んできました
苦労と呼ぶにはあまりにも楽しく
感謝と頭を下げるには足りない
そんな毎日を過ごしてきました
おかげさまで
京都堺町六角の街角を偶然通るしかたどりつく方法がない
普通の洋服レーベルが当たり前にすることの真逆を表と言い続ける
偏屈な洋服店は
そんな環境であるにもかかわらずまたたくさんの方々に
新たにmerphを知っていただけました
それだけではなく
一年間店頭にほぼ毎日に居たことで
2年、5年、10年、15年
さらに前の会社の頃から20年間
私から服を買ってくれている方々がいることを
改めてこの目と耳と心で確認して
この人たちを裏切る服創りを絶対にしちゃいけないと肝に命じました

2019年
今の自分の全力を出し切れました
さあいよいよ今年最後の日が暮れます
皆様良いお年を
そしてまた2020年にお会いしましょう

back 12 3 4 5 6