NAKAGAMI POP UP 初日

快晴の金曜日
NAKAGAMIの商品が店頭に並びました
本日から4日間
無機質だったmerphの店に
華やかな淑女服が並びます

土曜日は中神先生と中目黒の店長斎藤さんも店頭にやってきます
中神先生はそのまま日曜日の夕方までふんわり接客手伝ってくれます

手の込んだテキスタイルとプリントに
定番の人気品番も届いております
夏に咲くNAKAGAMIと冬に荒ぶるmerphの4日間の共演
ぜひご来場ください

ちなみに
この時期
京都は蛍の最盛期
関西圏の皆様
初夏の京都にちょっと遊びにきませんか?

皆様のご来訪をドライ24℃設定でお待ちしております

NAKAGAMI POP-UP @ merph

NAKAGAMI POP-UP the 3rd
2022.05.27(Fri.)>>>2022.05.30(Mon.)
@ merph flagship store
OPEN 12:00>>>19:00

5月27日から5月30日の4日間
NAKAGAMIの今季の作品をできる限り揃え
merph flagship storeにてPOP-UPを開催したします

今回で3回目となりますが
毎回多くの方にお越し頂きリクエストのお声も増えてきています
実にやりがいのあるPOP-UPです
今回もしっかりと準備して皆様をお迎えいたします

28日にはデザイナーの中神も来店し商品をご説明いたします
私も同日に店頭にて大先生のサポートをいたします

開催に向け
merphのスタッフでコーディネートを色々と組んで
着用写真を撮影していきたいと思っています
ブログだけでなく
オフィシャルInstagramにも掲載ていければと
フォローお願いします
@merph_media

merphの上半期の作品も揃い
普段の殺風景な店頭を圧倒的な物量で皆様のご来訪をお待ちしております

NAKAGAMI POP-UP the 3rd
2022.05.27(Fri.)>>>2022.05.30(Mon.)
@ merph flagship store
OPEN 12:00>>>19:00

anm1094

anm1094 white(solotex)
anm1094 caramel (LIMONTA) 

数年ぶりに白いコートを作りました
ドルマンスリーブをわざわざラグランで割ったのは
フロント両サイドにガンパッチを挟み込むため
この作品
かなりコートの面構えになっていますが
ベースのパターンはシャツです
それをフードやガンパッチなどのディテールで
コートの振りをさせています
そう、コートに擬態したシャツです

ハンガーにかけたこの状態の佇まい
納得の仕上がりです

C/#whiteの生地は形状回復機能があるsolotexを使用
機能も重要ですが
ストレッチの効いたマットな生地の具合も気に入っています

白は当然汚れが気になりますが
こちら丸洗可能ですのでご安心ください

もう一色作ったこのanm1094 caramel (LIMONTA) 
こちらはイタリアのLIMONTA社のストレッチ撥水機能の生地を使用しました
ベージュとも茶色とも言えず
すこしオレンジに振ったまさにキャラメルのような色
普段なら選ばない色をあえて選んでました
こちらも良い仕上がりです

この春の羽織ものはこれにて打ち止め
ここらはカットソーなどがメインになっちきます
今年も一年で6カ月活躍するアイテムという括りで製作しました
これから夏に向けて着る機会を考えると限られますが
夏が終わりやってくるまた20度前後の気候で活躍するものばかりです
merphでは下半期には真冬の防寒着しか作りません
今あるものが秋のスタメンになるはずです

4月に入り
コロナ以前の状況を取り戻しつつあります
非常に楽しい時間が戻って来ています
オンラインもたくさんオーダー(当社比)いただいて
コロナという試練をなんとか抜けたのではないかと思います
2年間支えてくれた皆さまに本当に感謝しています

 

ドルマンラグランロングスリーヴ

MR4136 white

MR4136 navy

オンラインストアに格納しました
久しぶりのロングスリーヴのカットソーのリリース
みなさんに喜んでいただき嬉しいです

今回使用した生地は36Gのモックロディ
細い糸のジャージだと考えてください
つまり伸縮性があり両面編みで
さらに形状回復機能の高いSOLOTEXを使用しています
コットンとポリエステルのコンビネーションですので
必然的に速乾性も備わります

merphのTシャツに時々登場する
『サービスエリアのトイレで携帯と財布を入れるポケット』
と私が説明するカンガルーポケットも装着
これを作るために前身頃が二重になるため
透け防止にもなっております

サイズは1、2、3の3つ
もとよりカットソーです
そこにさらにドルマンというサイズレスな構造
唯一気にするのは裄丈でしょうか?

ふわりとしたこのシェイプ
気に入っています

https://merphkammer.net/

店頭はもちろんのこと
なんとオンラインでも続々とオーダーいただいています
弊社なりに頑張ってオンラインを少しずつ開発しております
ぜひご覧ください

オンラインで決断が難しい場合
お気軽にお問合せください
過去にご着用いただいたアイテムなどを参考にしつつ
サイズのご相談に対応いたします

 

お待たせしました

言い訳をすればどれだけでもあります
しかしまずは無事上がってきた新作をご覧いただきたい
ぜひ店頭で
お忙しい方はまずはONLINE STORE
3月の最後の最後で揃ってまいりました
merphの新作お楽しみください

NEW ONLINE STORE “KAMMER” 始動

NEW ONLINE STORE “KAMMER”

ようやく新作も格納されアクセス数も増えてまいりました
そして新作MR4135には続々とオーダーもいただき
準備した苦労が報われております

特にこちらのMR4135grayが好調
春ですからね
やはり明るい色を着たくなりますね
入荷後連日売れております

コートなどの吟味が必要なものはやはりECでは売れにくいのですが
merphの場合、こういったサイズがユーティリティーで
価格も30,000円以下ですと動きも活発になります
ECが売れなかったのはそこにも問題があるんです
さあ
ということは
コートの中に着るものの充実を進めていかないといけませんね
ただ、merphだという製作をシャツやカットソーで表現するのは
コートを作るより数十倍難しく
限られた表現スペースと縫製の条件などから限定されるデザインを
どこまでオリジナリティーがあり
そしてここが一番重要なのですが
ユニクロなどのシンプルで縫製や生地そして寸法が優秀で低価格なものとは違う
『値打ち』を持てるか
我々の商品が彼らの商品に勝負できる部分はやはり購入者の高揚感を与えられるかどうか
そこにしかありません

よくユニクロを敵視しているものだと思っていたとお客さんからも言われますが
私はユニクロに感謝をしています
シンプルで品質が良い商品の製作を彼らが担ってくれているので
私は存分に好きなややこしい服に専念できます
かつてはよくこう言われました
『ややこしいものが作れるからこそシンプルな高品質なものを作ってくれ』
バイヤーやジャーナリストがよくいうセリフです
まあ仕方がありません
彼らは良服を作らないし考えない
いわば良服作りの素人です
Tシャツ一枚いとから吟味して製作したことなどないでしょう
生地やを探したことも工場を探したこともないわけですから

シンプルで高品質なものというのは
大量生産でこそ生まれます
大量仕入れによるコストダウンに伴う高品質な素材の仕入れ
大量生産によるライン管理により細分化された分業性による精度の向上
ユニクロの1000円前後で売られているシンプルなTシャツを弊社の生産規模で
全く同じ生地で製作して売ると
7000円くらいになります
その上、縫製はユニクロより劣ると予想します

それでも弊社の7000円のTシャツの方が良いと説明するとなると
ジャーナリストやらインフルエンサーやらを利用して抽象的な紹介文と過剰に飾られた経歴や評価
まさにまるでインスタの加工画像のような付加価値の厚化粧をして
『うちのシンプルなTシャツはこの値段の価値がある』と
お客さんを騙して売る方法しか私には見つかりません

少し脱線しましたが
つまりシャツやカットソー、パンツなどは
そんな強烈な存在の優秀で安価な商品が溢れる中
その数倍の値段で出してでも買う価値を感じてもらえる
ユニークで高品質で
アカデミックな構造理論からできたプロダクトでないといけないと考えています
そう
だから
merphではなかなかそのポディションのアイテムのリリースがないのです

長文読んでいただいた方
ありがとうございました

まとめますと
要するに

長い言い訳です

back 12 3 4 5 6