タイトルデザイン市原 直樹

さて
昨日ようやく白状できた我が社の企みですが
本日はまず
この一大イベントのタイトルを書き上げてくれた男に関して書きます

察しの良い方はもうお気づきでしょう
そうですTALKING ABOUT THE ABSTRACTIONデザイナー市原直樹
彼と私は運悪く京都産業大学の先輩後輩の間柄で
東京で他社に勤めていた時も
角を一つ曲がるだけの距離で働いていました

私より一足早く独立して大阪で起業した彼は
我が社でもおそらく500本くらい売れた
あの伝説の転写デニムを開発し
その後続々とレーベルを立ち上げる後輩の先頭に立ち
良くも悪くも見本となって突っ走ってくれました
工場に密着し理想の生地や加工を追い求めて
とことん作り込む姿勢は
酒を飲んだらめんどくさい点を差しい引いても
辛うじて尊敬に値します

今回のイベント
パソコンでデザインするより手描きをイメージしたので
真っ先に彼の書く文字が候補に上がり
とりあえず書いてもらったところ
私の考えていたイメージ通りのロゴを送ってきました
決め所を知っている男です

イベント当日はTALKING ABOUT THE ABSTRACTIONも
何かしら作品を販売します
ご期待ください

TALKING ABOUT THE ABSTRACTION

merphonia (メルフォニア) merph15周年記念祭

ようやくこの日が来ました
全ての準備が整いました

2020年2月29日土曜日
京都KBSホールを1日借り切って
音楽と食をお楽しみいただく
merph15周年記念祭
merphnia(メルフォニア)を開催いたします
(公式ホームページmerphonia.com

2005年2月に始まった私の洋服を作る会社Sanctumは
2020年2月に15周年を迎えます
ただただ苦しんだ15年間でしたが
それでもここまでやってくることができたのは
紛れもなく
私の服を作ってくる人々と
それを着てくれている皆さんのおかげです

その感謝をお返しする方法を私は知りません
そこで考えました
返すのではなく
『ちょっと一緒に飲みませんか?』
これが私の結論です

その大宴会開催の協力を
15年間の洋服創りの活動の中でできた仲間に仰ぎました
私のわがままに快く参加表明をしてくれたのは
5組のバンドと6人の料理人
さらに運営に関する大勢の技術者や作家たちです
誰一人取っても私のことをよく知る面々で
このイベントは立ち上がりました
東京オリンピックが開催される2020年
その2月29日という貴重な1日を
私のために費やしてくれるのです

当日は午前11:30からフードコート(宴会場)がオープンします
美味しい料理をつまみながら
黒ラベルやワインを呑み
5組の素晴らしいバンドのライブパフォーマンスを待ちましょう
私の会社を知らない方もぜひお越しください
私の会社の15周年というのはきっかけです
私がやりたいのは
素晴らしい音楽と料理を楽しむ大宴会です
みんなで存分に楽しみましょう

当日はアーティストとの協業による洋服も販売する予定です
私だけでなく長くmerphと関わってくれたデザイナーも巻き込みます
今回のイベントならではの作品を用意します

本日はまずこの記念祭開催決定のお知らせまで
本番に近づくにつれて
参加するアーティストや料理人たちを
私の言葉でこちらでご紹介させていただきます
merphとsyn(一緒に)phone(音)を楽しむ祭り
題しまして
merphonia(メルフォニア)  
皆様のご来場を心よりお待ちしています

2020年2月29日土曜日
merph 15th anniversary
『merphonia』
公式HP

merphonia.com

明日の正午

明日
11月6日正午
こちらと関係各所のそれぞれのweb siteにて
私と我が社にとって重大な発表をいたします

というわけで
本日はこれにて

らしくない

コートばかり創る男が
ここ3年で唯一デザインしたパンツがこちらです

度詰裏毛にアーミーナイロンを叩きつけたblackと
同じく度詰裏毛に生成りのデニムを叩きつけたivoryの2スタイル

細身のスウェットはむっちりしてしまう問題があります
そこで上から強い軍用ナイロンツイルと厚手のデニムを叩きつけ
シェイプの膨張を防ぎ
なおかつ膝が出るなどのスウェットの弱点をカバー
その上手に入る細くきれいなフォルム
前や横からの見栄えはスウェットらしくありません
我ながらよくやったと思います

各サイズ4〜6本仕上げております
お早めに

撮影完了

秋晴れの京都は五条河原町
某テナントビルをお借りして新しいmerphの写真を撮ってまいりました

高所恐怖症の私は
屋上での撮影で
あまりの高さに恐怖で震えすぎて
本日背中がバキバキの筋肉痛でございます

今回の撮影も前回と同じメンバー
このメンバーでの撮影も3度目
見事な手際と段取りでサクサクと撮影は進みました

洋服の撮影ではあるのですが
それを抜きにして
話が尽きないと言うか
人生の感覚が近い感じがするので
色々伝えやすいし
喜べるもの楽しめるものが同じ領域だなあと感じるんです
だから
打ち上げまでがこの撮影の重要な一部なんです
『撮影が終わってちょっとさみしい』
そう言ってくれたメンバーがいましたが
私も毎回そう感じています

これからフォトグラファー氏が仕上げに入ってくれまして
半月ほどで届くでしょうか
上がりが楽しみです
そして
また楽しい撮影ができるように
私はとにかく服を作り続けます

メリハリ

明日は撮影です
cassowaryは勝手ながら休みをいただきます
ご遠方からのご来客が多いこの時期に申し訳ありません
その代わり良い写真を撮ってきます

さて
展示会もしなくなった我がmerph
カタログも作るわけでもないし
撮影は何のためにやっているのでしょう
web site等で作品をわかりやすく伝えるための資材
もちろん使用目的はそうです
でもモチベーションはやはりちょっと別のところにあります
merphの撮影はとにかく楽しむことが最重要事項
撮影自体だけでなく
コーディネートに必要な靴や靴下
それにmerphでは作らないインナーウェアなどの手配
ロケ弁から打ち上げまで
とことん準備して朝から深夜までの長丁場を存分に楽しみます

そんなことを言うと意識の低さを疑われそうですが
もちろんただ楽しんでいるわけではございません
仕上がってくる写真は毎回仕上がりに惚れ惚れします
関わるの全てはその道のプロフェッショナル
妥協なんてもともとその感覚を知らないし面々
すごいスピードで素晴らしい仕事をしてくれます
こういう人たちと時々関わることはとても大切な時間です
だからこそ
打ち上げも楽しいんです
メリハリです

明日の撮影場所はテナントビルの空き部屋
この手配も知人に頼んで協力してもらいました
何をするにもまずは身の回りのプロに頼む
ネットで探して安いところを探すのも企業努力だけど
その前に人の繋がりを大事にしております

朝から続々とコーディネートの脇役アイテムが届く本日
コーディネートのリストを制作しながら
とある大イベントの準備をすすめつつ
時折のぞいてくれるお客さんと談笑し
春物の資材の仕分けもこなしております
そう
忙しいんです
なのでしつこいですが
人材を求めています
cassowarykyoto@sanctum.co.jp
坂井まで

1 2 34 5 6 7 8