NAKAGAMI POP-UP 一部延長

昨日閉幕しましたNAKAGAMI POP-UPにご来場いただいた皆様
ありがとうございました
雨の日曜日にはたくさんのご来場
広島からワクチン完了して駆けつけてくれた中神先生にもよろこんでもらえて
おまけにたくさん差し入れなどもいただき
一日中楽しく過ごさせてもらいました

また次回の企画なども話し合っていた中
緊急事態宣言解除もされるようですし
ちょっと延長しますかと先生からご提案いただき
次の日曜日10/3まで作品を置いていってもらえることになりました
事情があって何点か広島に戻さなければいけないのですが
期間中も好評だった品番に関してはほぼ延泊了解を得ました

merphのInstagramでも投稿していましたが
merphとNAKAGAMIのコーディネートも非常に楽しいんです
普段限られた(たった2本)のボトムしかないmerphの店頭で
コーディネートで楽しむ事は出来ないので
提案する我々もテンションが上がりました

延長期間中には
merphの新作ももしかすると?届くかもしれません
暦も10月という耳に涼しい月に変わります
緊急事態宣言の中でも最も厳しかった今回
加えて残暑の中での暑苦しい店頭で非常に苦戦しました
しかし
なんとか
首の皮
いや
首の細胞一つだけで切断を免れて
いよいよここからドーピングシーズンに入ります
秋です
さあ京都へお越しください

NAKAGAMIとmerph

普段
コートがずらりと並ぶ店頭に
風変わりなシャツやスカート、レザーライダースまで並んでいます
同時に店内の回想も行ったのでちょっと違う店になったみたいな気分ですが
ここはmerphの店です

さて
本日2日目のNAKAGAMI POP-UPの店頭から
ちょっとmerphとコーディネートして遊んでみました

NAKAGAMIから届いたダブルライダースディテールのベストに
merphのスウェットパンツMR3071を合わせてます
店頭スタッフ170cmでsiz                                                                                                                                                     e2を少し大きめで穿かせてみました
品番違いの淑女用anm3046も用意しております 

オパール加工(説明に文字数がかかりますが簡単にいうとインクの代わりに生地で図案をプリントする加工)
でグレンチェックをプリントした生地をドンと使った面白いモッズコートに
merphのレイヤードスラックスMR3072を合わせてみました
グレーのグラデーションの中に鮮やかなピンク
こういうの好きです

そして
ロングジレにロングニット
そこにちらりと転写デニムスウェットloto5115
靴はレッドウイング

洋服のコーディネートに関して
よく悩みをお聞きしますが
洋服は基本自由です
その中で少しだけ色の組み合わせに気を利かせると
ちょっと人を振り返らせる魅力が生まれるんじゃないかなと
思います

明日もNAKAGAMI POP-UPお待ちしています
土日はデザイナーの中神も店頭におります

NAKAGAMI POP UP本日から27日まで

本日から店頭の半分をNAKAGAMIに譲り
秋冬の新作をご覧いただきます
夏の気配も陰り
良いタイミングで初日を迎えました

なかなか魅力的な作品がたくさん届きました
技術とオリジナリティーの塊
所謂奇抜という服は案外簡単に作れると思います
しかしそれがしっかりと価値のあるアイデアになるかどうか
そこが腕の見せ所なんです

みなさんにはどう映るでしょう
5日間と短い期間ですが
NAKAGAMIの新作
今年の秋冬の相棒を探しにきて下さい

お待ちしています

anm2027

anm2027 dolman sleeve shirt dress

過去に数度
ロングシャツをフレアシェイプにしたワンピースを製作しました
製作者としては当初ワンピースでしかなかったその作品を
お客さんたちは一枚仕立てのコートとしても着用してくれました
冷静に考えれば騒ぐことではないのですが
改めて洋服は製作者が着方を決めるものではないと思った次第です

今回リリースする新型のそのシャツワンピースコート?は
merph近年のアイコンともなりつつあるドルマンスリーブを採用しました
結果融通がきく身巾になりましたが
その大きく空いたスペースは
着用時後ろ身頃側に消えます
袖口は細く設計していますので
前から見てやたらとぼってりせず
すっきりと見せられると思います

秋の羽織りものとしても活躍すると思います
腰にはちゃんとシームポケットを作ってあります
腰のベルトは背中で叩きつけてありますので
左右の長さが変わったり落ちてきたりする心配はありません

素材は先にリリースしたレイヤードパンツと同じく
cotton/wool 50:50のミドルツイル
ウールの肌ストレスがほとんどなく
素肌にも問題ないと思います

京都もいよいよ秋の雰囲気が強くなってきました
一足先に店頭は秋の装い
九月はもうひと型ご紹介できると思います
オンラインストアにも随時格納してまいります

merph online store KAMMER

 

NAKAGAMI POP-UP STORE @merph

前回5月に開催した
NAKAGAMI(ex.wei)のポップアップ
初めてのこころみで不安が大きかったのですが
連日たくさんの方にお越し戴き
予想を超える成果も上げることができました

そんな事情と皆様のご要望のお答えして
9月23日(木祝)〜27日(月)の5日間
堺町六角のmerph旗艦店にて
二度目のNAKAGAMI POP-UP STOREを開催します

得意のニットから
プリーツスカートの新作
そしてアウターやスウェットとしっかりとラインナップを揃えて開催します
今の所予定では25、26日にデザイナーの中神先生もお越しいただける予定です

ちょうどその頃
われわれmerphの新作も上がってくる予定ですので
ご来場可能でしたら是非ご来場ください
できる限りの感染予防対策をした上で
しっかりNAKAGAMIとmerphの新作を開設いたします
ご来場お待ちしています

NAKAGAMI POP-UP STORE @maerh flagship store

9/23(Thursday)〜27(Monday)
open : 12:00〜19:00
@merph flagship store 
604-8117 京都市中京区堀之上町118
ask:cassowarykyoto@sanctum.co.jp

Humphrey

名優の名を冠させました
昨年デザインしたトレンチコート
あまり使いたくない言葉ですが
『定番商品』と言うことになります
新たに何かすることが一年経っても見つからなかったと言うことです

少し真面目に語ります
トレンチコート
みなさんが今まで見てきたトレンチコートと
私の作るトレンチコート
正直パッと見て大きく何が違うかすぐにはわからないと思います
と言うことはしっかりトレンチコートとして認識できる仕上がりである
そう思うのですが
どこかに違和感を感じてくれていると嬉しんです

まずわかりやすく違いが出ているのは
この前のカッティングでしょう
大きく下半身に向かってシングルの位置までえぐっています
このカットにより前の生地の重なりが少なくなり
歩きやすくなると同時に
このカットされたラインを利用してこう言うこともできます

ボタンの止め方によるアレンジで
全く違うコートに見えるように
そう考えて設計をしています

生地はコットンとナイロンのウエストポイント
聞きなれない生地の名前だと思います
略してウエポンっていわれることもありますが
名前の由来は米陸軍ウエストポイント士官学校のユニフォームに由来します
チノクロスの上品版とでも言えばいいんでしょうかね
チノが単糸なのに対しウエポンは双糸の綾織
今回のこの生地は
そこにナイロンの横糸を使ったハードボイルドタイプです
少し重量もありますが
そこはパターンと仕様でカヴァーしていますのでご安心ください

着丈は120cmほど
寸法としてもmerphのコートの中で一番ビッグスペックのオーバーコートです
色々なものを中に着込んでお楽しみください
ちなみにMR2080をライナーとしてお使いいただくと
なかなか男前だと思います

ちなみに
少しバランスを変えた淑女用もございます
anm1089

9月中旬に差し掛かり
夜は完全に秋の雰囲気
洋服製作をしている人間に
この時期心が踊らない人間は少ないんじゃないでしょうか

merph ONLINE STORE “KAMMER”

MR1151

1 2 34 5 6 7 8