いつもと違う帰り道

昨日
5月18日は日本最古の祭りと言われてる御零祭の還幸祭
昨年
帰り道の寺町通で大渋滞にハマったので
今年は早めに河原町通に入って加茂街道を目指したものの
こちらも大渋滞
ジリジリとしか進まない行列の中から
ふと空がひらけて見えたのは綺麗な夕焼け
渋滞の車や歩道の人たちがみんな写真をとっていました

夕焼けが綺麗な次の日は雨が降る
と言いますが
今日の京都は朝からしとしと降っています
白い箱の中でスケジュールの管理をしたり
会計の入力をしたりしながら
のんびりと日曜日を過ごしています

 

帰還

ただ琵琶湖を眺め
ホテルから移動することもなく
オールインクルーシブだったので
チェックインからロビーでビールにコーヒー
ブッフェでのディナーもビールは飲み放題
自動サーバーの近くの席を陣取り
どの宿泊客よりも多くサーバーのボタンを押したと思います
おかげさまで毒をごっそり抜いてまいりました

今日からまた次の休暇まで
店頭販売しながら冬のコートを仕込んでいきます

このコートから始まった2024年
その後も順調に生産が進み
今後も新作が届きます

ここから数ヶ月の頑張りが今年の冬の勝負の分かれ目
店番も手を抜かず
2024年を良い年にしたいと思っています

谷底に咲く

5月は一年の中で最もmerphの売り上げが落ち込みます
良い思い出がありません

これまで
秋口から4月まで続くコート類の生産が終わり
ちょっと気を抜いてしまって
オンタイムの作品の入荷が滞ることがありまして
そこをまず今年は解決したいと思い
苦手な夏へ向けた製作にも熱を入れました

継続的にリクエストのあったドルマンシャツと
フロントにメッシュのついたドルマンTシャツ
昨年から改良したレイヤードショーツと
しっかり仕込みました

早速レイヤードショーツ(MR3079black MR3079olive)
この苦手な谷底の5月に光を当てています
昨年
大きいサイズの在庫を積まなかった反省も活かし
在庫バランスも整えました

ドルマンシャツ(MR2099black MR2099white)
顧客様を中心にお買い上げいただいています
こちらもしっかり在庫を仕込んでおります

今年の2月の改装で拵えた白い箱部屋の中で
日々新作の絵を描きながら
ご来店をお待ちしてます

挑戦の痕跡

弊社は今年20年目になります
merphの製作も現時点でジャケットコート類が181品番
シャツ類が97品番
パンツ類が79品番
カットソー類が149品番になりました
lalu時代も含めるとリリースした品番は1000を超えています

時々お客さんが過去の品番を着てご来店されることがあります
通常過去のサンプルや在庫の一部を資料として保管したり
せめて画像で記録したりするものでしょうが
私は全くそこに無頓着なのに加え
サンプルさえもご購入希望をいただける恵まれた環境が続いたので
過去のものはほぼ残っていません
なので
そういったご着用いただいたお客さんのご来店時に
懐かしい記憶が蘇ります

どの作品も簡単に作ったものなどないので
着想や苦労したエピソードの全てが現在の糧となっています
それぞれの品番にはその後何かしらの要素となって
現在のmerphの面々に息づいています

それぞれの品番が挑戦の痕跡です
皆さんのお持ちのこれまでの作品に
現在のラインナップの痕跡を見つけてみてください

greenness

どうしてもここで撮影をしたかったんです
三条通から知恩院に向かって
白川を下がったところの小さな橋の上
柳が枝垂れる真ん中で
ベージュセットのアップ

これから梅雨までの間と
秋が終わり冬に向かうまでの間が
京都が最も過ごしやすく美しいと思っています

このベストシーズンに
ほとんどの上半期の製作がほぼ出揃っている状況は
非常に気持ちが良いものでした

次回の撮影もそのもう一つのベストシーズンに
しっかりと製作が間に合うように
今が大事な時間です
妥協せず
絵を描きます

try

merphの服を作る上で
あからさまなレプリカとしか言えないものは出したくないんです
『調べて』作る服は私の仕事ではないと考えています
1年でリリースする服が少なくなろうとも
『考えて』創っています

 

MR1176MR1179はそんな紙一重のところで出来上がりました
かなり気に入っています
MR1176は迷う間もなくsize5が完売したので
MR1179は迷う間もなく買っておきました

どこが紙一重かと申しますと
一見、見慣れたM65タイプのジャケットですが
かなりかけ離れたシェイプをしています

着丈はかなり短いんですが
後ろは少し長く
フロントとバッグの着丈の差は8cm
後ろに大きく開き横から見るとフレアになっています

これまで何度かM65タイプを作ってきました
生地の選択や仕立てのアレンジをしたり
それなりに気に入ってはいたんですが
やはり物足りなくて
もう一度しっかり『考えて』創り直してみました
その結果がこのジャケットで
そしてやはりその成果は圧倒的でした

『調べる』ではなく『考える』
よくリサーチとかデータとか
そんなものにまず目を向かせようとしがちですが
洋服のデザイナーはまず考えられるかどうかじゃないかと

というわけで
今、冬のコートを『考えて』います

暮春

心地よく風が吹いています
日差しは少しずつ強くなってきました
ちょうどひと月前は吹雪でした
日曜日から再び少し寒くなるようです
こんなことを繰り返しながら夏が来ます

merphの旗艦店は
例年になくバリエーションと在庫を充実させております
20年かけてようやく持てた勇気
その長い年月の間に
merphを着てくれたみなさんのおかげです

コートの入荷も全て終わり
売れて消えていくコートの隙間を
今度は今シャツが埋め始めています
これもやがて冬のコートに変わっていきます
まだまだこのメビウスからは抜けられそうにありません
がんばります

shooting 2024_0415

当初
曇りもしくは雨の予報でした
しかし
強烈な晴れ男と晴れ女の集まりのため
雨雲を西方に抑え込み
終日少し曇が流れ時々火が差す絶好のコンディション
聖護院一体でじっくり新作の撮影ができました

近いうちに現在店頭に並んでるmerphで
コーディネートした写真を公開します

もうすぐここいらには蛍が飛びます
桜が散って若葉が芽吹き
これからが夏が終わるまで
緑が京都を支配します
ゴールデンウィークもできる限り休まず営業します
京都へ、ぜひ

加茂街道は満開です
午前中は持ち堪えましたが
やはり降り始めてしまいました

今日の雨は穏やかですし
派手に散ることはないでしょう
これから5日間ほど
見頃ではないでしょうか?
明日以降は晴れるようですし

merphの入荷も満開です
ドラゴンズが生まれ変わったように
私も苦手な上半期にしっかり仕事をしました
今週もまた新作が上がってきます
花見の後にでものぞいてください

忘れ雪

昨夜の京都は
吹雪きました
そして今朝、三月二十一日の朝
京都市北区は3cmほどの積雪
ただ
昨夜までの暴風は止み
午後からは日もさして穏やかな春の雰囲気です
しばらくはまだ寒い朝晩にはなりそうですが
徐々に
徐々に
3歩進んで2歩下がりながら
もう直ぐ春が来ます

 

back 12 3 4 5 6