MR3075

今回も好評です
こう言うギミックは海外の方にも受けます

今回も内側は表面の耐久性が強いダンボールニットを使用
さらに上のトラウザー部分もストレッチの効く中肉のツイルを使いました
生地の張りがあるので筒状をキープし
内側全体に空洞を作るので
空気が出入りしてこれからのシーズンも快適に過ごせるかと思います

2色展開で4サイズ用意しております
昨シーズン我慢していただいた女性のお客様
お待たせいたしました

オンラインストアへの掲載リクエストをたくさんいただいておりますが
現在人手不足以上に店頭が毎日週末状態で全く作業ができそうにありません
通販ご希望の方はメール、お電話にてお問い合わせください

MR1169

merphにしては短めのジャケットでしょうか
着丈は
size00 FRONT72cm/BACK84cm
size 1 FRONT77cm/BACK89cm
size 3 FRONT82cm/BACK94cm

素材はリサイクルナイロン
リサイクルかどうかは重要じゃなく
生地のツラが素敵だったので選びました
艶と生地のキックバックが気に入っています
防水の上に撥水加工も施しています
ファスナーもおつきあいして
止水ファスナーの艶消しをムシ見せにて走らせました

カラーはblackとoliveの2色を用意しました
最後までnavyも迷いましたが。。。

生地が冷たくて心地よく
かなりオーバースペックの寸法で設計しているので
ナイロンですがサイドのジッパーの開閉で中に籠る熱をコントロールできるので
1日の気温が乱高下するこの時期に適応します

生地のキックバックの強さのおかげでシワも残りにくく
かなり軽いので持ち運びにも向いております

袖口に入れたゴムをたくしあげ
袖さきを弛ませたこの雰囲気が非常に気に入っています

このところ
立て続けに新作が店頭に届いております
どの品番ももれなく好調で
何より嬉しいのが
京都にいながら日本全国の方だけでなく
世界中の様々な国の方に買っていただいていることです
年齢も性別も国籍も関係なく幅広く
ここ1ヶ月の購入者の出身国は
アメリカ、カナダ、メキシコ、コロンビア
クロアチア、デンマーク、スペイン、スウェーデン
シンガポール、台湾、中国、韓国
イギリス、フランス、オーストラリア、ドイツ、スイス、イスラエル
毎日が国際展示会
大金叩いて締切に追われて展示会をしていた時よりも
確実に私の作る服は海を渡って世界中の人に着てもらっています

さあ
本日も店頭で日本中、世界中の皆様のご来店をお待ちしております

 

 

MR2091

今年のドルマンスリーブは脇にテープが走ります
ドルマンの弱点
上への可動域を向上させました


もう一つ
やはりコントラストをつけた配色によるインパクト
本日店頭にサイズ3だけ飾ったのですが
すぐさま売れていきました

胸にフラップ付きのポケットをつけているので
oliveの生地の影響もあり
少しミリタリーな香りに仕上がりました

今回は
工場の文句を無視して
0〜3まで4サイズ製作しております
これまでもう少し、、と感じていた皆様
お試しください

MR1170

工場が決まるのに2ヶ月
その間、6軒に断られ
さらに予定より半月遅れて
ようやく仕上がってまいりました

まずは最大の特徴
着丈史上最長
size3で140cm

長くなります
生地はダブルフェイスwhite/beigeのポリエステルツイル
その生地を使い、一枚仕立てでリバーシブルトに
beigeサイドを縫製上の表として
裏となるwhiteサイドにくる構造上の裏となるディテール
たとえば袖口、裾の三つ折りをパイピングのように見せ
身返しなどがある都合上
whiteサイドのポケットを膨らみのあるパッチポケットにして
特殊なパーツで両玉ぶちのベルト通しと貫通ポケットを配して
whiteサイドのパッチポケットに裏からアプローチして
beigeサイドのポケットとして機能させています
ボタンは上部二段のみ
beigeサイドにはベージュの水牛ボタン
whiteサイドにはホワイトの水牛ボタンを
それぞれ同系色の糸で取り付けています
基本的な法制は折伏せで整え
ひっくり返しても裏という印象を与えないように始末しています

苦労して出来上がった新作
店頭にてご覧ください

ここに来て

MR1166が好評です
3月から4月
気分は春なのに気温はまだまだ寒い
特に朝晩
そこに表は軽やかなグログランの表地に
ボンディングのフリースを裏地に使ったこの品番がマッチしたようです
特に春を期待して海外からのツーリストたちに
毎日お買い上げいただいております
本格的な春のコートが届くまでの店頭の救世主となってくれています

今の所
両カラーとも全サイズ揃っております

 

MR4134

あまり好きな言葉ではないですが
定番と言われるだけの条件は満たしております
ただ毎度少しずつ何かが違いまして
着てもらったら気づくかもしれませんが
時間の流れを反映しつつカスタムしています

今回はashnavyの2色
裏毛は起毛ではなくパイル止めで参ります
素材は30/8の度詰め裏毛
からりとした私好みの風合いです
気に入っています

sizeは2・3・4の3サイズ展開
なぜ1・2・3じゃないかは気にしないでください

以前製作していた完全な女性用のサイズはまた今後リリースします
少々お待ちください

MR4138

久しぶりに
ジップアップパーカを作っています
まずは新型のフリースパーカ
MR4138 
カラーはbeigeblackの2色をリリースしています
みなさんご存知のフリースのフワッフワは内側になっております
馬鹿馬鹿しいほど軽く
面も整う張りのある生地です

ベージュにはオレンジ
ブラックにはパープルの艶消し止水ファスナー使用しています
アクセントとして使いたかったのもありますが
いつも使用しているエクセラファスナーでは少々重いので
この軽やかな生地が倒れるかなという懸念があったためアクアガードを選びました

サイズ展開は2、3、4の3サイズ展開
少しブルゾン的なシェイプになりますがサイズ2は女性にも売れています
完全な淑女用サイズはまた今後制作します
タイトなサイジングをご希望の方はお待ちください

MR8001 black β

MR8001 blackには
裏地の異なるblack αblack βの2種類があります
αはグレー
βはボルドー

なぜ二色あるのか
ここで普通の洋服屋の説明ならああだこうだと蘊蓄決め込みますが
弊社はそういうことは話しません
あくまでストーリーを重視します

先日もどこかで書きましたが
このダウンを作るのに3体のサンプルを作りました
その3体目のsize00を作る際
裏地のグレーの在庫が生地屋になく
リピートが仕上がるまで待っていた本生産に間に合わない
そこでもう一色迷っていた裏地の色でサンプルを作ることにしました
上がってみればやはりこれも良いコンビネーションだとは思いましたが
生産はグレー一本でいくつもりでおりました

ところが
店頭で本生産はグレーになると話しながらサンプルの試着をしたお客さんたちから
『この色がいい』という多数のリクエストを受け
元々この色の方が気に入っていた私の心を揺さぶられ
工場に無理を言って裏地を2種で生産してもらうことにしたわけです

売れ行きは双方順調
ややボルドー優勢か?という感じです

このところ
MR1168の攻勢を受けて週間売上枚数2位に甘んじているMR8001
完売サイズもちらほらしておりますが
ここから寒さも本番
1位返り咲きを期待しています

MR1167 black

すこし多めに作っておいたblackですが
気がつけばsize3は消え去り
size1も残りわずかとなっていました
size00はまだ余裕がありますが
こちらも最近連打しております
お早めに


スタッフ170cm size1着用

重ね着をして前をかけるコーディネートが好きです
いくつもの洋服の異なるディテールが折り重なって
それをバサリバサリと翻しながら歩く姿
洋服を作る上で
ただ飾ってある姿だけでなく
生活の中で発生する動作に配慮したものづくりは
時々デザインの発想に繋がったりします
このトレンチの前がダブルからシングルに緩やかに生地の分量を減らしていくのは
歩行時に裾の生地が重なり足を出すのを妨げる分量を減らすためにカットしました
そのカットのラインを利用してラペル作れます

そこに物理的な理由があり
結果的に出来上がった線が新しいシェイプを作る
こういうデザインがmerphのやりたいことです

MR1166 black

こちらも好調です
撥水グログランとボンディングフリースで
暴風と防寒もかなり高い仕上がりです
寒くなると噂の今年の冬も乗り越えられるスペックかと

ダウンMR8001とは違いふわりと丸いシェイプに仕上げています
ファスナーをムシ見せにして艶消しの止水ファスナーにしたのも気に入っています

1 2 3 4 56 7 8