晩夏の太陽                             

暑い
心が音もなく溶けるほど
暑い
溶けた心が即気化するほど

風のない街に降り注ぐ晩夏の太陽
逃げ場をなくした腐った熱気が
街中で人の表情を歪ませている

早く秋になれ
そしてさっさと冬になれ
そう呪いながら
meprh製作部隊準備万端
今年の新作のサンプルは
撮影のため広島へ出発した
週明けには全貌を公開予定

Weiというレーベル始めています

 

ブログでご報告できていませんでしたが、

先月から、新しいレーベルを始めています

そのレーベルは“Wei”

女性デザイナーが創るウィメンズ中心の洋服です

まず洋服を見ていただきたいので経歴等はここでは書きません

the 3rd heimに並んだ目新しいフォルムの洋服は

お陰様でご好評いただいています

次の季節の準備は整いつつあります

気持ちだけは暑さを飛び越えて行きましょう

color scheme merph

私にとって洗車は楽しみの一つです

しかし、

ここ最近は朝から撮影が続き、洗車を断念

やむを得ず近場のガソリンスダンドに洗車を依頼し、

ガソリンが今は高水準であることを知りました

車依存症の私にとっては深刻な出来事です

そんな昨日の戌一つ時、

目の中に入ってきたのは、優しい撫子色の空

それはまるで、

私が心を惹かれた裏地の色のようでした

 

メルフの作品は裏地の配色も楽しみの一つです

今期も創り手の真剣な遊び心を施したモノばかり

これから続々と入荷します

まずはカットソーが少し早めの到着になりそうです

こちらの裏地の配色もお楽しみください

終い鱧に初松茸

京都の夏の終わり
といえば
松茸と鱧の土瓶蒸し

夏の京都
ありとあらゆる料理屋で二枚にさばかれた挙句
骨まで細かく刻まれて
傷口に梅をぬられたり
山椒醤油塗り込まれてあぶられて
文字通り好き勝手に料理されてきた鱧
実はこれから脂も乗りまくって一番旨くなるってのに
お払い箱
突然山から現れた土臭いキノコ野郎に主役の座を奪われるんです
悔しいだろう
やりきれないだろう
でも鱧はその最後を
歯を食いしばって
憎っくき松茸と一緒に
一つの土瓶で蒸されて散るんです
骨の髄まで旨味を搾り取られて
土瓶の中で花と散るんです

鱧はフライが一番好きですが
土瓶蒸しだけは別です
踏みにじられて散るもまた一興
金沢から帰ったら
いただきに上がります

さて
写真はmerphの初物と終いの土瓶蒸し
夏の最後の納品のショートパンツと
秋の最初の納品のツートンシャツ
こんなセットアップも
いかがでしょう

野球の神

merphが広島に巣食ってから
広島の野球に何か神がかりが起きたようです
その片棒を担いだのは
我が生まれ故郷名古屋のかつての常勝軍団
中日ドラゴンズ
おそらく
あの頃名古屋におられた野球の神々は

瀬戸内にいらっしゃるのでしょう

昨年
広島東洋カープ
25年ぶりの優勝のその瞬間
私はお気に入りの居酒屋で飲んでいました

隣で送別会をしていたのは
好機を作っている会社の広島の紳士方
彼らに中日ファンの私は
マジック点灯後広島に三連敗
マジック対象の巨人に三連勝
一気にマジック6消した忠実なるしもべとして
その貢献を讃えられ
祝賀ビールをしこたまいただき
その時居合わせたお客さん全員と乾杯をさせてもらいました

今年もまた9月のどこかで
あの光景が待っています
それが私の広島滞在中であることを祈ります

そして本日
甲子園では
一回戦で中京大中京(愛知県)を破った広陵(広島)が決勝戦に挑んでいます
さあ
広陵にまた一つ広島の野球の神がかりを起こしてもらい
9月9日のthe 3rd heim1周年に花を添えていただきましょう

merphは
広島カープと広陵高校を応援しています
中日に関しては
見守っています

欲望と願望の狭間

空模様は仕上がってきています
空調の程よく効いた部屋から眺めれば
これはもう『秋』でしかないでしょう

先週初めの気温の急降下は勇み足だとしても
冷静な空はじわりじわりと『秋』仕度を開始していましたね

秋の新作が届くまで
どうしてもこの話になりますが
秋といえばやはり
『食』でございます
京都を拠点に広島と金沢を行き来する今年の秋
期待と野望と体型は膨らむばかりです
旨いものを食いたいという欲望と
痩せたいという願望
その狭間で
もがく季節がやってきます

『秋』はもうすぐです
merphを纏う準備
始めてください

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11