秋霖

毎週末の金沢遠征
最後に見た夕焼けは9月24日だった
10月に入ってからは木曜日の往路も日曜日の復路も雨模様
徳光ハイウェイオアシスでしばし落日を眺める楽しみも奪われている

この秋の長雨が終わる頃
金沢ではカニの解禁を迎え
もうコートなしではいられない気候になると記憶している
そこに合わせてmerphの冬の衣は続々と店頭に運び込まれる予定だ

まずは
フードローブ ” bishop"が届くのではないかと思う
これはカットソー工場で仕立てている
布帛工場で仕上げたコートに匹敵する防寒性に対し
スウェットパーカに毛が生えたような価格で収めている

長年お願いしている工場に超特急でいらしているので
10月中にお披露目できると思う

金沢京都の往復生活でバタバタの2017年下半期
気がつけば
店頭でスタンバイしていたこの冬の作品の生地も全て消え去り
あとはmerphになって帰ってくるのを待つだけ
ということは
すなわち
春の制作に入らなきゃいけないということになる
時間が足りないと嘆く前に
無駄にしてる時間をなくしていこう

立派なことをここで書くのは簡単
思わず携帯に手を伸ばすのを我慢するのは至難
40代半ばにもなって
行動は小学生のまま

今日は台風なんだね
店番が自分なのを忘れていて
深夜に雨の北陸道を安全運転で帰ってきたのに
堺町六角ゴーストアベニュー
溜まった事務仕事を片付けながら
三杯目のコーヒーを淹れて
あと4時間久しぶりのcassowary

湿らない打線

今週も雨の多い日が続きます

湿った空気の中

店先を走るカープ電車を目にしました

カープといえば、

2軍がファーム日本選手権を制覇

1軍は調整試合で打線爆発

明日から始まる、ファイナルステージで、

まずは日本シリーズへの出場権を掴みとってもらいましょう

その先に待っている日本一

チャンピオンフラッグがマツダスタジアムと由宇球場

のスコアーボードに掲揚した絵が浮かびます

広島の街がまた赤く染まる頃

優勝祈願にthe 3rd heimのロゴを再び赤く染めようと思います

 

時空を斜めに

2017年の秋冬の仕込みも
全て終わった

さあ
あとは皆様に委ねて
私は
一足先に春へ向かいます

growing up

ここ最近

50歳の大将とお母さんが

やっている居酒屋に通っています

そこでの私の定番は

えびのしそ揚げ

炉端焼きのぎんなん

巨大なアスパラの肉巻き

バイ貝の煮つけ

そして

ダシで蒸し焼きしたキャベツの上に

しっかりニンニクをきかせて焼いた山芋と目玉焼きをのせ

とどめにソースをまんべんなく塗った新谷焼

どの料理も

上品なダシと絶妙な塩加減

料理に合わせ

日本酒を選び

御猪口を口に運びます

お酒もろくに飲めなかった20歳の青年も、

今や38歳の壮年

カウンターで大将と

仕事や料理の話を肴にチビチビお酒をたしなむようになりました

確実に大人になってきています

地球在住

地球の地軸の傾きが
空に変化を及ぼします
太陽は随分早く去るようになりました
ひと月前
まだ隆々と膨れ上がっていた雲は
見事に打ち砕かれて空に散らばりました

金沢では昨夜雨が降り
吐く息は白く染まりました

さあ
merphの季節です
お待たせいたしました
もうワードローブの最前列に
あのコートを配備してください
そして
今年の新顔の参入を
ご検討頂ければ幸いです

必須珈琲タイム

紅葉と寒さが進み

晩秋の気配を感じ始めました

早起きより早寝の苦手な私は、

寝床で映画鑑賞に夢中になり

夜更かしをしてしまいます

そのため

アデノシンが脳にたまり、

カフェインの投与がここ最近の日課

朝のコンビニの珈琲は目覚まし代わり

昼と夕方の紅茶で安堵させ

夜の珈琲は集中力を上げてくれます

とりわけ閉店後の珈琲タイムは

頭の中を整理し、次なる作戦を練るには

うってつけの時間です

帰宅途中に寄りたくなる

寡黙で朗らかな亭主がたつ

気に入りの茶房

今日も仕事を終え

コートを羽織って

今から向かいます

1 2 3 4 56 7 8 9 10