正鵠を射る

『これでいいか』
をやめた
『これじゃなきゃダメだ』
を貫いた
すると
洋服は今まで以上に美しく仕上がるようになった

時々言われる
『昔みたいなちょっと奇抜な服はもうやらないのか』
そうしようと思ってああいう服を創っていたのではない
自分の中でその時創りたい服が
たまたまそういうものだっただけ

今のmerphはこういう服を創る
期待を裏切ることもあるかもしれない
でも
時々期待を上回るかもしれない
どちらにしろ
今私が創っている服は
『これじゃなきゃダメだ』
そう思って創っている

どこかにそんな私の服を気に入ってくる人がいる限り
マシンガンのようにヒット作品を探すのではなく
正鵠を射抜く作品を創りたい

azure

とある理由で
次第にmerphのイメージカラーとなりつつあるこのロイヤルブルー
一年に一つはこの色に染まった作品をリリースしたいと思っている

今年の青き衣は
フレアシェイプのバルマカーン
選んだ生地は
スパンナイロンを使った高密度のタフタ
雨を見事に弾き飛ばす

裏にはわさび色の細いパイピング
青い衣の裏のパイピングはいつもこの色と決めている
merphの洋服を作る際
心がけていることは
買ってくれた人が
それを着ていないときにも満足できる作品であること
だから
裏地やパイピングの仕上がりやカラーにもとことんまで悩む
これは
特別なことでは無いと考えている
デザイナーと冠された以上
当然の責務

例えば
食事に行ったレストランで
コートを預かってもらうとき
他の洋服に紛れたあなたのmerphが
ちょっと誇らしく見えるように
そんな瞬間も洋服を作る上で
私が仕事をしなきゃいけないと思っている

新しい風

『縫いにくかった。もうこの生地は持ってこないでくれ』
工場からじっとりとそう言われた
一見
何の変哲も無いこの紺色の生地
実は四方八方にゴムのように伸びる
それでこんなキリッとしたパターンのジャケット縫わせるなんて
発注という名の嫌がらせだった

でも
ご覧いただきたい
この仕上がり
文句を言った人たちの仕事じゃ無い
文句を言う奴は
それを言い訳に適当な仕上がりを当然のような顔で納めてくる

大人ってのは
意地で生きていくものだ
『俺にはこれしかできない』
なんて台詞を吐きながら

色々簡単に世の中を渡っていく虎の巻が
頼んでも無いのに朝からSNS経由で飛び込んでくるけども
そんなもの信じてヘラヘラしてても
手に入らないものってのがあると
そう思っている

いつも現時点に満足していない頑固者は
きっと時代がどんな変化をしてもどこかで黙々と仕事をしてる
卑怯な成功者より
そう言う人たちを見習いたい

隆起

洋服というものは布でできている
だから
地面におけばぺたんこになるものだ
特にカットソーとカテゴライズされる
ニット生地をカットし縫製したものは
袖もまっすぐでパターンも二次元的なので
地面におけば重力に素直に従い地べたに沿う

ところが
我がmerphのパーカは隆起する
いたるところに走るRの線が
地面に平伏すことを許さない

誰が作っても同じような仕上がりになるパーカ
そこで圧倒的なアイデンティティを獲得する嫌味
これぞ我らmerphの目指す製作

製作の法則

この生地を
このデザインに使うか否か
かなり悩んだ
これだけの着丈のシャツに
縦横24cmピッチの大きなチェックで柄合わせをすると
当然用尺は3m級になる
しかし
だからこそのインパクト
それを諦めたくなかったから
思い切って工場へと生地を送り込んだ

製作の法則
ケチらず思い切ったときに
やはり納得の作品は仕上がってくる

現在店にある作品の中で
活躍する時期が一番遠いこの麻の作品が
試着一番人気である

ちなみに
これに合わせたくて急遽
白いワイドパンツを製作することになった
今度こそ
白いパンツ
皆様にも挑戦していただきたい

weiとmerphと春待ち二月

まだ雪のちらつく中
はっきりと春へシフトし始めた2つのmerphの部屋
その中で好調なのがweiのラバープリントのスカート
このアイデアには同じ洋服作りの立場から嫉妬した
シワになったレースの上にベタ塗りでラバーをプリントして
それを割いてランダムなストライプのように仕上げている

この快進撃のスカートを迎え撃つのは
merphの殿堂入りzip-up parka
merphとwei
双方のレギュラーデザインでやがてくる春を待つ

 

Darth Maul

meprhの春が始まりました
次々とcassowaryの重い扉をくぐり
開梱された新作が
次第に秋冬の重い服を押しのけていきます

本日はこちらをお披露目

meprhのこの形はどうしてもチェスターと言われてしまいますが
厳密にはチェスターとはいえない仕様です
立場上はロングジャケットと呼んでおります

素材はナイロンコットンのカルゼ
撥水加工も施してありますが特筆の必要はない軽いものです
それよりも重要なのはこの艶やかな生地ヅラです

裏は冒頭をご覧いただければ
深紅のバイアステープで処理してあります

MR1126 appraiser
本日京都、明日広島に並びます
ご試着お待ちしてます

13

今年も無事この日をまたげました
2005年2月2日にふわりと始まった有限会社Sanctum
なんと13周年を迎えました

毎年
この日は完全に会社の業務を休止させてもらっています
昨年は京都チームが広島へ向かいました
せっかくのmerph勢揃いの夜に熱を出してホテルで寝ていたのは私です
あれからもう一年です
今年は一人で伊勢にやってきました
もうここまできたら神に願っても何も変わらないとわかっています
とはいえ
なんとなく伊勢に行こうと数日前に決めて
今日は朝早く起きて新名神を飛ばしてやってきました

澄んだ空気と木の匂い
おかげ横丁には目もくれず
ただまっすぐ正宮を目指し歩きました
欲張っちゃいけないけど
今ちょっとお願いしたいことが三つありまして
それをしっかりと伝えてまいりました
その中にSanctumの繁栄は入っていません
それは自分でやりますと伝えました

三つの願い事のお守りを買いまして
早々に駐車場に戻り
このブログを書き上げております
目に入る限りの車のナンバーは
大阪、豊橋、函館、岐阜、姫路、神戸、名古屋
そして私の京都
生まれたての子供を抱いたご夫婦から
大きなレクサスから降りたどう見てもその筋の方まで
神様は平等に接するんでしょうか
僕が神なら無理な所業です

さあ
今日は戻って夜は祝いの食事に出かけます
明日からは再び一年を走り続けます
もし今年飛躍を遂げたなら
来年はmerphメンバー全員で伊勢にお礼に参ります
それでは
14期も
どうぞよろしくお願いします

bookman

京都は昨日も雪がちらついた
東京から戻ってちょっと一杯と立ち寄ったいつもの酒場で
予定外の深酒をしてしまい
今朝iPhoneの写真や色々なやり取りで答え合わせをして
二日酔いとともに今日は落ち込んでいる

だらしない現時点の私に
数ヶ月前に必死に仕事をしていた私から
春の新作が届いたのも因果

bookmanと名付けたシャツ
光沢のある濃いネイビーのナイロンコットンカルゼ使った
撥水加工してはあるけれども
そこに着目したわけではなく
生地の艶やかな表情が気に入ったので
秋頃に素早く購入してストックしていた

明るめのオリーブとの二色展開
どちらも美しい発色をしていると思う

merphの2018年はこの作品でスタート
右目のまぶたの痙攣が止まらないほど疲れが溜まっているが
そんなこと御構い無しで
二月に入ると続々と新作が届く
休むタイミングを見失って
今年もきっとさっさと終わるだろうと思われる

東京とmerph

七日間
代官山住まい
八幡通りを
毎晩北へ南へ
新しく通えるバーも増えた
東京にmerphが巣喰うなら
この通り以外には
ない
ずっと
そう思っている
だんだん
その日が近づいている
気がする
そうであると
祈ってる