最終コーナー突入

年末の雰囲気がプレッシャーに変換されて
デカイわりに脆い子の体を蝕んでおります
などと言いながら
実のところはただの暴飲暴食の代償です
言うまでもないことです
はい

今年はたくさん仲間も増えて
本当に楽しい酒盛りが多かったわけですが
その集大成となる12月
やはり尋常じゃないペースと酒量で日々を過ごしております
まだまだ半月近く残ってる2016年
ホームストレート迷わず飛ばします

 

旅する中年

数年前まで
どこか遠くへ出かけることがとにかく嫌でした
準備や計画が苦手で
焦ってしまうんです
ところがこのごろあちこちへ行くことが多くなりました
僕のそんな不精を知らずに誘ってくれる友人のおかげと
それから新しくできた自分の服を置く美しい店の出現が
重かった腰を浮かせました

展示会で東京に行く以外ほとんどどこにも行かなかった10年に対し
この2年は神戸に広島、金沢に鳥取島根、淡路島も行きました
名所旧跡を回るわけでもなければ
温泉を巡るわけでもありません
そういうのは僕にはあまりグッとこないんです
僕の行く先には夜通し付き合ってくれる仲間がいます
知らない街でそこに住む彼らに
いつも行ってるところへ連れて行ってもらうだけです
飲み屋で店主と仲良くなったり
スナックで隣のにいちゃんと飲み仲間になったり
ご当地のうまいもん食って朝まで飲んで
ドロのように眠って
また京都に戻って仕事します
今頃覚えた僕なりの『旅』って遊び
これからの僕の仕事と遊びの歯車を回す潤滑油になりそうです

堺町六角のガラス張りの

コンクリートの箱 cassowary
いよいよこれから二月まで
底冷えとの戦いです

暖房をつけても突き上げる寒さは
おそらく単純な気温だけの問題ではなく
歴史のある街の下に埋まる多くの怨念の仕業だと思うわけです
やがて僕もその怨念の一つになる日が来ると思います

cassowaryは2007年の夏
KAMMERと名乗って始めました
次の夏でなんと10周年です
契約時の保証金も満了を迎えます
なんども移転を考えましたが
どうしてもこの場所を離れたくなくて
意地になって続けてきました
最近店頭に復帰して思うんです
我ながら『いい店』だなと
洋服屋としてここに通う人が誇れる店に
そう思ってやってきましたが
時々
お客さんからそう言ってもらえるようになってきました
もっといい店になりたいと思ってます
そのためにも
まずは
荷物の整理です

 

冬将軍

merphの季節は山場を迎えています
昨日の京都
寒風吹き荒れる中
cassowaryは大ブレイク
残りひと月となった2016年のラストスパート
なかなかかからなかったエンジンが
ようやくトップギアに入りました

今年のコートはどの品番も順調な消化状況
ちょうど年内に売り切れるのではないかと思われます
ご購入いただいた皆様
誠にありがとうございます
まだご覧いただいていない皆様
年内は12/29まで休まず営業しますので
お近くにいらっしゃる際はのぞいてください

IMG_1812

img_0543

%e3%82%b9%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89img_0491

img_3652

 

アコウ

広島出張の初日
携帯死す
まず朝圏外が続き胸騒ぎ
その後検索中…になり電話であることを拒否
そして最後充電を拒否
連絡手段がFacebookのmessengerに限られる
しかしここで新たな問題発生
充電器を忘れることに気づく
周りにマックユーザーは居れど
皆新世代Macゆえコンバータ?が違う
ゆえに充電ができない
この時すでにメモリは6%
数十分後画面は暗黒面に堕ちた

散々なスタートの広島出張
しかし
そんな僕を瀬戸内の海の幸が迎えてくれた
今回のベストヒット広島は
アコウの活け造り
何ですかの歯ごたえと甘み
フグなどもう必要ない
アコウのコールド勝ち
瀬戸内が賀茂川の河口にあったらいいのに
そう思った

20161206_2

気になった方もいらっしゃるだろう
その立派なお頭と骨はどうなるのか
こうなるのだ
強面の店主が作る優しい潮
文句はない
言葉もない
京都に瀬戸内の海はない
それでも生きていかなきゃならない

新しい季節へ

1年前に骨折した左肘が疼きます
そういうこともあります
素材手配の段取りミスだったり
オーダーが付かなかったからだったり
でもこれからはそんなこと考えないでいきます
作りたいもの作って
じゃんじゃん旗艦店で売っていきましょう

たくさんあるんです
12年で怖気付いて出さなかった奴らが
自分自身が気に入っているのに
つまらない世の中の事情に流されて
諦めてしまった被害者が

まずはこのスニーカーから
ブーツに見えちゃうスニーカー
新しい季節に
そろそろ歩き始めます

 

冷たい空

空が冷たくなりました
朝が遅くやってきて
夜は急にやってきます
虚との底冷えが
唸り声をあげて襲ってくるのももう直ぐです

11月は半分くらい京都にいなかったのですが
12月はみっちり京都に腰を据えて
来年もなんとか生きていけるように
2016年を締めくくろうと思います

そうそう
またドラマでmerphが使われることが決まりました
まだこれから撮影なので
情報公開OK出たら報告します
今回もなかなかのネタです
お楽しみに

白いポラリス

10月2日
島根県松江市の美保神社にて
鳴り物好きの神様に音楽を奉納するイベントがあった
地元出身のドラマー アラキユウコが
普段サポートメンバーとして参加している
Polarisとフジファブリックを従えての凱旋ライブ
merphはPolarisの衣装をデザイン
見本神社側から
『各々の正装で』というドレスコードが言い渡され
考えた末
形ではなく神聖な色という発想で
『白い生地』のみで洋服を作った

%e7%a5%9e%e3%81%a8%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%ae%8c%e6%88%90img_3558

倉庫を掘り起こし
ありったけの白い生地を組み合わせ
全員に同じ形のフードローブとドルマンTシャツを作り
フロント二人には各々にパンツを製作
ところが当時まさかの夏のような気候で
ボーカルのオオヤユウスケと
ドラムのアラキユウコは
一曲目でローブを脱ぎ捨てたが
誕生日が僕と同じ柏原譲先輩は最後まで白い衣をまとい
あの唸るベースを弾き続けてくれた

%e7%a5%9e%e3%81%a8%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%ae%8c%e6%88%90img_3657

海辺から歩いて1分の美しい境内で
夕暮れ時から始まったライブ
少し暑い秋の夜に
ゆらゆらとびりびりと
Polaris節は響き渡った
フジファブリックのライブも観れたし
気づけば朝9時に京都を出発し
何時間もかけて車でやって来た疲れなど吹っ飛んでいた

%e7%a5%9e%e3%81%a8%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%ae%8c%e6%88%90img_3546

打ち上げでは宮司様より
『白い衣』に賛辞をいただき
僕の発想が神前において正しい選択だったといてもらえた

このイベントは今年で6年目
来年もきっと素晴らしいアーティストが
音楽好きな神様に
素晴らしいライブを奉納するはず
海の幸を食べがてら
一度体験していただきたい

金沢merph

本日から金沢期間限定店スタートです
さすがに夜の冷え込みは京都よりも寒く
昨夜は決起集会と銘打って
ぬる燗で北陸の魚をいただきました。

20161105_2

昨夜の一等賞はこちら
きつね鰹
脂が乗っている腹側をわさびで
背中は生姜で
最高でした

今日から9日間
美味しいものをいただきながら
金沢の皆様にmerphをご覧いただきます
ご来場
お待ちしてます

ナイトクルージング

昨夜はクラムボンのベース、ミトくんにご招待いただき
15周年を迎えたボロフェスタへ
Sanctum一同お邪魔してきました

最後の曲のピークでステージ後ろの幕が開き
現れたのはステンドグラス
アンコールは他の照明を消し
ステンドグラスの灯りをバックに
『ナイトクルージング』
余韻の中
Sanctumチームは当然ナイトクルージングに向かいました

20161030_1

クラムボンからモランボンを連想したわけでは決してなく
会場から最も近い知り合いの店が
焼肉『きはら』だったのです
写真はとある焼肉屋で食べた天肉のせいで
二度と食べないと誓ったトラウマを消し去ってくれた
『きはらの天肉』

20161030_3

そしてこれがリピートを避けられたことがない
『きはらのはらみ』
これは一人一人前ずついけるやつです
ビールもライスもすすむやつです

大混乱の10月
なんとかやり過ごし
美しい音楽とうまい肉で栄養補給
ここ数日非常に良い雰囲気に成ってきた新生cassowary
恥ずかしながらオーナーである僕自身が
この店の魅力を見失っていたような気がします
お久しぶりの方
まだお会いしていな方
覗いてください
やはり僕は店頭に居るのが向いているみたいです

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11