2018年総括

2018年の営業は本日で終了となります
京都は昨夜からグググっと冷え込み
先ほど今季最初と思われる雪が降りました

平成最後という言葉をやたらと耳にするこの頃
平成が何年かも間違える私には大して興味のないことです
元号が変わろうがそんなことで何も変わらない自分次第の人生です
来年もこのまま前に進みます

merphにとっての2018年は又しても波乱の年
もう慣れっこですが
さすがにもうダメかと覚悟も決めましたが
終わってみれば記録更新づくしの一年となりました

これまでセレクトショップへの卸で
作りたくもないものを作り
マーク数を無理やり増やし制作費を無駄にし
本来需要のあるコートを十分に数積めず
入荷後ひと月もしないうちに
『完売しました』と言い続けていましたが
今年は余分なものを作らず
自信作だけを作り
それをしっかりと数積んで
外に一切出さず
京都のど真ん中でじっくりmerphを売りました
それでもまだコートが足りません
これまで勝手に決めていたこの店の売り上げの天井を
来年はさらに高くして
まずは淑女用の生産数を3〜4倍に上方修正
紳士用も少し足りなかったと思うので20%ほど増産を目指します
そして
さらに生地の仕込みや細部の資材に至るまでやり切ってみようと思います

もちろん迫ってきた春の抜かりもございません
また秋冬に街角を赤く染めた当店
春もまた衝撃的にやってやります
ご期待ください

それでは皆様
良いお年を
新年は1月2日から
お神酒を用意してお待ちしています

cassowary 店主
坂井真吾

shooting 2018

久しぶりにプロのカメラマンやメイク
それにモデルも東京から招き2018年の自信作を撮り収めました
とはいえ
気心の知れた古い仲間が中心
その上新しくお願いしたカメラマンとそのアシスタントも
メンバーの誰かと繋がっていたりといういつもの状況
楽しくならないわけがない
昼は王将の長テーブルで爆食いし
夜は巴里本舗で友人夫婦も合流しての大宴会
撮影をしたことを危うく忘れてしまいそうな
そんな11月26日の仕事が
昨日仕上がってまいりました

あんなに楽しんだ仕上がりがこのレベル
プロの皆様の仕事っぷりは
同じく洋服のプロとして背筋を伸ばさせてくれました

この撮影が毎シーズンできるよう
全力のmerphを春も苦手と言わずに頑張ります

コート脳

じわじわと減っていく暦
合わせるよに消えていく在庫
みなさまありがとうございます
でももう少し作らなきゃいけませんね
来年は紳士用は2倍
淑女用は3倍生産致します

加えて
シャツやパンツ、カットソーももう少しやる気出します
そして東京の期間限定店もちゃんとやります
来年一年
しっかり地に足をつけてmerphを作って販売いたします

そしてこれだけ調子が良いと
またさらなるコートも思いつくものです
すでに来年の秋冬の作品は何型も原価計算表にエントリーして
すでに生地まで決まっているものもあるんです
コートだけならどれだけでも思いつくんです
困ったものです

褒美

先日、44歳になった祝いに大好物をいただいてまいりました
今年は本当によく頑張ったと思います
43歳の私を褒めてあげたい
しかし
満足はしていませんよ
まだまだやれることが沢山あります
そしてさらにmerphを羽ばたかせるすべも見えています
楽しくなって来ました
痛い目みないと目が覚めない不器用な男ですが
歳を重ねて少しは自分の身の丈をしっかり理解しました
身の幅もね

本日もcassowaryはオープンから賑わっています
年末に向けまだまだコートを自慢します
ご安心ください
在庫
今年はまだあります
28日まで休まずお待ちしています
そして年始は2日から
日本酒を用意しておきます

休暇

日曜日と月曜日
思い切って店を閉めて地元へ帰ってきました
あと一週間で44歳になる男の生まれた街
名古屋市の北の端
矢田川と庄内川の堤防は
少年時代に釣りや野球をした思い出の場所
あの頃は草は生え放題
近隣住民が勝手に畑をこしらえて我が物顔の無法地帯だったのに
綺麗に草はかられ遊歩道が延々と伸びていました

夕暮れ時に
夕食の買い物に来た大型スーパーの屋上駐車場から
西南西を見ると
名古屋駅の摩天楼
振り向けば御嶽山
広大な濃尾平野の空は京都とは違いとてつもなく広く
名古屋に住んでいたら毎日でもここに来て
落日を眺めているだろうと思います

さて
実家でゆっくり過ごして
じっくり眠って充電完了
年末に向けて全力で仕事して
良い正月を迎えます

次のブログで年末年始の営業をおしらせします
それでは本日もcassowaryでお待ちしてます

また初めから

2019年の原価計算表は
まだほとんどガラ空き
カットソーの段にようやく一つ数字が入った

これが年末までに数字でびっしりに埋まります
長年かけて作り上げた一発で上代計算ができるプログラム
水牛ボタンを一桁間違えて発注かけたり
裁断してみたら裏地が全く足りないなんていう悲劇を避ける
merphのセキュリティーシステムです

今年の秋冬で見出したmerph法典
『創りたいものしか作らない』
『在庫は売れると思った数の2倍』
『そこまでしなくていいかは封印』
『一応もう一色作っておくかは封印』
洋服屋というものを勘違いしていたことを勉強した一年
そして自分の身の丈を改めて学んだ一年
無理をして上を望んでもダメだけど
我慢して下で愚痴を言っててもダメ
自分にぴったりのやり方で全力をだします

KGC(キンググランパスカーディナル)

春には必ず鮮やかなブルーの作品を作ります
我らが中日ドラゴンズの優勝を願い
RDB(ロイヤルドラゴンズブルー)で店を染めます

そしてもう一色
これからmerphの代名詞となり得るかもしれない色ができました
世界的スターが幾度とその歴史に名を刻み
そして日本を代表するあの本田圭佑を世界へ送り出したクラブ
名古屋グランパス
そのグランパスレッドとほぼ同じスペックのmerph cardinal melton
ここ数年低迷が続き
Jリーグオリジナル10でありながら
昨年はJ2に沈むという屈辱を味わいました
今年なんとかJ1に上がるも中盤はダントツの最下位
しかしW杯開けに突然連勝し出し
一時は安全圏に脱したのですが
再び連敗しじわりじわりと降格圏に沈んできました

昨日はその運命のJ1最終節
同じ勝ち点で並んだ湘南とのホームでの直接対決
12位から16位までが勝ち点1差で地獄の入口が見えている大混戦
ドキドキしながらキックオフを待っていましたが
美保神社の力を得た今のcassowaryが
土曜日に呑気にサッカーの速報をチェックできる状況になるわけがなく
ようやく速報をクリックできたのはハーフタイムでした

ずらりと並ぶ最終節同時キックオフの9試合の途中経過
祈りながらスクロールし飛び込んできた絶望的0−2の現実
ちなみに試合開始前のグランパスの順位は16位
このままでは他会場の結果に関係なく
J2とのプレーオフへの切符が渡されてしまいます
まずは後半の反撃を信じそのまま速報をキープウォッチング

後半
すぐにジョーがPK1点を返し
その後ふたたびジョーのPKで同点に追いつきます
さあこのまま逆転と一人興奮しているところへ
神奈川から常連さんがご来訪
事情を説明し一緒に観戦してもらいながらの接客開始
奥様はJリーグ通で私と共にこの世紀の大混戦にのめり込み
旦那様はひたすらコートを試着
しかしグランパスはそのまま2−2の引き分けに終わります

そうなると他会場の結果
同じ勝ち点40で得失点差で14位だった鳥栖が
鹿島に負けていればグランパスは救われます
しかし同時キックオフのカシマスタジアムの結果は
無情にも0−0の引き分け
勝ち点41の横浜Mが8点失点以上の大敗してくれればという淡い期待は
やはり現実的ではなく
残すは勝ち点41ながら得失点差が−12の磐田が
川崎に負けてくれることを祈るしかないのですが
同時キックオフ
速報の欄には川崎1−1磐田の文字
仕方がない
勝てなかったのが全て
気持ちをプレーオフへと切り替え用とした瞬間
川崎1−1磐田の下に見えた『後半49分』の文字
同時キックオフでロスタイムも同じだったため
もう試合が終わったと思い込んでいましたが
まだ試合は終わっていなかった!
こんな時はとんでもないドラマが起きるもの
今年のmerphの快進撃のように
何か得体の知れない力のひと推しを指先に期待し
テキスト速報をクリック
ずらりと並ぶ両チームの攻防を文字にしたその最上段
『川崎F GOOOOOAL!!』の七色の文字
静まり返る私と常連さん
いつのまにか旦那様もコートを試着したまま参加
こんなことが起きるのです
奇しくも
川崎フロンターレといえば
元グランパス監督 風間八宏が長年指揮を取ってきたチーム
話が出来過ぎです

この奇跡の瞬間を共にした常連さんと乾杯せずにはいられません
冷蔵庫に冷えていたスミノフアイスで興奮を沈め
旦那様に冷静になってもらった上で
最後のキャメルトレンチコートをお買い上げいただきました

春夏のドラゴンズブルー
そして秋冬グランパスカーディナル
思いは必ず届くと信じます
そして残留ではなく
優勝を祝いたい
その時はスミノフアイスじゃなく
シャンパーニュで痛快な音を上げて
海の王者シャチの軍団の鮮烈の赤をまとって

というわけで
来年の秋冬もまたあのメルトンを作ることにします
特に淑女用
毎日のようにレディース完売の件お叱りを受けていますしね

師走スパート

11月が終わりました
なかなか寒さが本格化しない中
まだ着ることができない冬本番のコートたちが
次から次へと店頭から消えて行きました
数えてみればちょうど80着

そんな中気がかりなのは
広島の皆様にmerphをご覧いただけなくなったことです
何件もお問い合わせをいただき
実物をご覧になりたいとご希望いただきましたが
現状その環境を作れないでおります
在庫は昨年までの倍ほど仕込んでおりますので
まだまだ12月コートを選んでいただける状況を保っております
お電話やメールで問い合わせいただければ
細かく説明させていただきますので
お気軽にお問い合わせください

また
広島だけでなく
日本中から最近非常に多くのお問い合わせいただいております
宣伝もせずなんでこんなになったのか
今日もとあるマーケティングマネージメントの大学教授と
オープンから小一時間
コーヒーを飲みながら分析しておりました
いつか本にしたいと思います(笑)

コートが売れすぎてwebshopが全く更新できていませんが
ご希望の作品がございましたらこちらへお問い合わせください
その際は必ずお名前をご記載ください
無記名ですとお問い合わせが仕分けできないため
ご協力ください
通販は三営業日以内のお振込か
メールによるカード決済システムをご利用いただけます
その場合期日は当日限りとなりますのでご了承ください

ロケットスタートを決めた淑女用merphに
このところスロースターターの紳士用merphが巻き返してきております
それでもまだまだサイズカラー共に在庫はございます
勇気を出して仕込んだ数量
間違いじゃなかったようです

12月もコートのmerph
皆様のご来訪をお待ちしております

塹壕外套MR1131

今シーズンのmerph紳士ナンバーワンはこいつでした
たった20着しか作らなかったことをお詫びします
店頭に最後のサイズ3が主人を待っています
この週末あっさりと見つかるでしょう

黒もじわじわと追い上げを見せています
私はこちらを選びました

今回のトレンチ
決して生地は軽くないのですが
試着すると皆さん『軽い!』と言ってくれます
それはきっとパターン技術のせいでしょう
人の体に沿う優しい曲線
余裕を持ちながらシェイプを保つ
merphの命綱です

さて
迂闊にも風邪を引いてしまいました
そこで本日は19時にて店じまいさせていただき
温かい鍋を食べて回復を促します
今週末も皆様の怒涛のご来店お待ちしてます
まだまだ在庫ございます
コートしか創らなくなったmerphのリスタート
とくとご覧ください

 

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11