シャツとシャンパーニュ

幾度となく書いてきましたが
春が苦手です
単純に季節としても苦手ではありますが
大体の私と同じ職業の人間は春という季節を嫌います

無論
merph的理由は察していただく通りです
年中コートを作っていたい男にとって
手数を増やすことができない春夏のデザインは試練でしかありません
しかし
美しい四季がある日本で洋服を作る以上
このわがままは通りません

苦手といえば
シャンパーニュも僕の歴史に縁のない酒です
汚い話で申し訳ないのですが
ビール党の私にとってシャンパーニュの味は
ビールをしこたま飲んだ後に白ワインを飲んで飛び出したげっぷの味…
その上やたらと酔っ払う…
お祝いでいただくことも多いこの悪魔の酒が嫌いでした
しかし
たった一本のシャンパーニュとの出会いが考え方を変えてくれました

『ルアレ デボルド』
僕が苦手とする下の奥でグッとたまるアルコール感を感じない
実に爽やかなシャンパーニュ
出来を語るのは嫌いです
ただ
単純にうまいと思ったんです

ドンペリやモエシャンドン、ヴーヴクリコくらいしか飲まずに
自分には合わない酒だと決めるのは早すぎました
シャンパーニュと言えどこの世にはたくさんの作り手がいるわけで
それを一括りにしてしまうなど
小さな会社で洋服を作っていて
自分がされてら一番嫌なくせに…
全くもって恥ずかしい考えでした

いい大人です
不惑ともいう区切りもとうに超えました
でも思うんです
今の世の中
40歳で達観できるほど物も情報も少なくないんです
だからジジイになっても迷えばいいんじゃないかと

さあ
そう言ってしまった以上は
シャツももっと色々やるしかありません
そうすれば苦手な春が楽しくなるかも

14年やっても
まだまだ未熟なデザイナーです
毎日絵を描いて酒飲んで
シャツのアイデアに『ルアレ デボルド』を探し続けます

 

霞む格子と天鵞絨

今年も素晴らしいグレンチェックを探し出しました
しかし
わたしの手元に届いたのは78m
この限られた大好物を
どの形に使うのか
ずいぶん悩みました

今年の冬用の生地の中でも
真っ先に購入を決めたこの生地を
cassowaryの片隅で寝かせた日々は三ヶ月
本当は他にも作りたかった形がありましたが
来年また
これに匹敵する逸材に出会えることを祈って
今回は2型に絞りました

そして昨日
ようやく一つ目の形が仕上がって参りました

MR4111  “bishop” C/#glencheck 
得意のカットソー工場で仕立てるコートクラスのローブです
我々がお願いしているカットソーの工場は
こう言った布帛とニットのコンビネーション作品を
非常に綺麗に仕上げてくれます
このところmeprhの作品に
このコンビネーションが増えてきているのは
紛れもなくこの工場のおかげです

仕上がりに全幅の信頼を置いているだけに
わたしの素材選びにもプレッシャーがかかります

考え抜いた末
選んだのはおそらくちょっと”外れた “素材です
しかし
このギャップというか
セオリーではないマッチアップにより生じるバランスが
最近のわたしの制作の一つの柱になっています

ケンピの混ざった生真面目なグレンチェックと
天鵞絨 のようなフリースファーの二律背反
うまく仕上がったと思います

早速わたしも1着購入いたします
紅葉の始まりから風の弱い冬の日に
今年のセカンドコートとして

わたしの し・ご・と

単純なものほど
merphの作品としては”価値”を求められる
だから
コートのような複雑な洋服を作るのとは
また別の難しさを感じている

以前こんなことを言われた
『複雑でインパクトのある服作りをするからこそ
シンプルなものを作って欲しい』
私の答えはいつも決まっている
『それなら僕以外にもできるでしょうからやりません』
ただのTシャツをいい生地使って作る
その人はそんなことを言っていたのだが
それはもはや僕らの仕事ではない
その昔
まだユニクロや無印がここまでではなかった頃は
その任務は私のような生地に目の利く洋服のデザイナーに託された
しかし
今やそう言った大きな会社がずば抜けた生地を
大量に買い大量に縫うことで
我々は到底でいないコストダウンを実現している
そこにわざわざちょっと高く作る必要がないわけだ
『縫製の質が良くないんですよ』
そう言った人もいた
これこそ無知の極み
一年中同じ場所を同じ人間が天文学的数縫い続けているのだ
そこに寸分の狂い無し
ユニクロだから縫製が悪いなど
一体何十年前の話しているんだ
天下の日本企業があそこまでなる間にそこを向上させないわけがなかろうに
これをファッション記者やらバイヤーが平気で言うから恐ろしい

そう言った古い世代の話は置いておいて
じゃあmerphさんはどうするのか
それは簡単な話
彼らのやらない非効率を
そう
もともとmeprhがやってることをやり続けるだけ
シンプルで質の良いものは彼らに任せて
こんなとこもっと手を抜けばいいじゃないか
って作品を作っていくだけ

MR4108
ウールのカットソーをチクチクしないように
同じパターンで裁断したコットン天竺を裏につけました
40/2のコーマ糸です
これで着用時のストレスは消えます
別のカットソーを重ね着してもいいんですが
設計の差で出る脇の不快感や縫製部のズレが表に影響するでしょ
それ
美しくないんです
このカットソーはそうならないでしょ?
素材が変わればパターンもいじります
去年とはまた別のパターンになってます
効率悪いです
でも
それが
わたしの仕事
わたしの
し・ご・と

だし巻きとバルマカーン

『京都は山に囲まれているから安全だよ』
日曜日の夕刻に店をのぞいてくれたオーストラリア人のカップル
おそらく僕の言葉を信じて夜中にクラブへ行ったと思う
本当に申し訳ない
こんなに京都で台風の攻撃を受けたことがなかったから
せっかくの旅行だし存分に遊べと言ってしまった
無事に東京へ向かえたことを祈る

この週末は科田が大事な用事があるため
土曜日の深夜に金沢をでて京都に向かった
おかげで台風の妨害を受けずに無事に京都に到着した
もし何時もの通り日曜出発だったとしたら
どこかのサービスエリアで車中泊だっただろう
こういう何気ない幸運に守られている人生ではある
それを与えてくれている何かしらのどなたかに感謝しなくちゃいけない

台風一過の昨日は
久しぶりに京都の気のおけない面々と酒を飲んで
福松のだし巻きをいただいた
料理にしろ
洋服にしろ
ちゃんとしたストレートを投げられて初めて変化球が生きる
緑茶割りでふわふわのだし巻きを食べながら
入荷からひと月足らずで25着売れた今年のmerphのストレートに乾杯した

秋霖

毎週末の金沢遠征
最後に見た夕焼けは9月24日だった
10月に入ってからは木曜日の往路も日曜日の復路も雨模様
徳光ハイウェイオアシスでしばし落日を眺める楽しみも奪われている

この秋の長雨が終わる頃
金沢ではカニの解禁を迎え
もうコートなしではいられない気候になると記憶している
そこに合わせてmerphの冬の衣は続々と店頭に運び込まれる予定だ

まずは
フードローブ ” bishop"が届くのではないかと思う
これはカットソー工場で仕立てている
布帛工場で仕上げたコートに匹敵する防寒性に対し
スウェットパーカに毛が生えたような価格で収めている

長年お願いしている工場に超特急でいらしているので
10月中にお披露目できると思う

金沢京都の往復生活でバタバタの2017年下半期
気がつけば
店頭でスタンバイしていたこの冬の作品の生地も全て消え去り
あとはmerphになって帰ってくるのを待つだけ
ということは
すなわち
春の制作に入らなきゃいけないということになる
時間が足りないと嘆く前に
無駄にしてる時間をなくしていこう

立派なことをここで書くのは簡単
思わず携帯に手を伸ばすのを我慢するのは至難
40代半ばにもなって
行動は小学生のまま

今日は台風なんだね
店番が自分なのを忘れていて
深夜に雨の北陸道を安全運転で帰ってきたのに
堺町六角ゴーストアベニュー
溜まった事務仕事を片付けながら
三杯目のコーヒーを淹れて
あと4時間久しぶりのcassowary

時空を斜めに

2017年の秋冬の仕込みも
全て終わった

さあ
あとは皆様に委ねて
私は
一足先に春へ向かいます

地球在住

地球の地軸の傾きが
空に変化を及ぼします
太陽は随分早く去るようになりました
ひと月前
まだ隆々と膨れ上がっていた雲は
見事に打ち砕かれて空に散らばりました

金沢では昨夜雨が降り
吐く息は白く染まりました

さあ
merphの季節です
お待たせいたしました
もうワードローブの最前列に
あのコートを配備してください
そして
今年の新顔の参入を
ご検討頂ければ幸いです

perfect robe

あまりにも出来が良すぎる場合
merphチームにある命令が発令されます
『社販禁止令』
今回このMR1117に関し
当面の社販を禁止いたしました

これから数日間
撮影部隊のthe 3rd heimが次々とこの作品の写真をアップしていきます
このブログを始めInstagramfacebookにて
皆様にこの会心の一作をご覧いただきます

さて
それでは私の役目を果たすことにします

今回のこのMR1117 
名前を"nordmenn”と名付けました
ノルウェーの漁港で働く屈強な男たちの服とイメージしてます
ただしそれをイメージして作ったんじゃなく
仕上がった作品から”normenn”をイメージしたんです
巷の洋服の店員はそういうどうでもいいことばかり必死に接客で説明しますが
私が作品に名前をつけるのは
のちの管理をしやすくするためだけなんです

ここからが重要です
表生地は40/2の超高密度ツイル
水分子の大きさを下回る織の隙間の密度
だから雨を弾き通しません
特殊な加工ではないので永久ではありませんが
風呂敷にしたら水が大量に運べます
経験ではそういった生地はもう少し糸番手が高いものが多いんですが
このシリーズは20番でもこの密度で織ってきます
今回は40番のものを選びました
しなやかで着心地にも影響がなく仕上がっています

ライナーは中空繊維を使っています
中空繊維
読んだままの糸です
空洞になった中心に暖かい空気を溜め込む仕組み
これを裏地に使えば
品良くウールテイストの見栄えに仕上がります
表のアウトドアテイストに対して裏のこのコントラスト
そして表裏共に機能をペーストされた内容の濃い作品となりました

形は1mをゆうに超える着丈に
はっきりと裾に向かってフレアするフォルム
歩けば風と引力の作用で確実な存在感を発揮してくれると思います
着丈は長くとも
肩幅や袖幅
袖の振り方
様々なバランスを入念に打ち合わせしたので
ただの大きなコートにはなっていないはずです

3つのサイズを用意しております
ロングが苦手だとおっしゃる方が時々いらっしゃいますが
不親切な設計の手抜きのコートとの違いを感じてもらえると思います

入荷予告の時点で多数のお問い合わせをいただきました
先ほど各店舗各色各サイズ店頭で揃いました
金沢の期間限定店でも2時に到着予定です
さあ
あとは皆様にゆだねます

盆東風

9階建てのビルの上
吹き抜けた風はもう寒さを感じました

京都の中心街を一望できるこのBARも
10月になれば冬眠に入ります
いよいよコートが店頭で活発に試着される季節がやってきます

先日入荷したMR1120は
あっという間に半分が主人を決めて店頭から消えました
あまりの勢いに自分用のサイズ3を1着キープしていましたが
先ほど”坂井”の札を外しました

MR1120の次に届くのは
MR1117の登場です
このフードコートも嬉しい嵐を起こしてくれることを祈ります
月末には上がるのではないかと思います
ご期待ください

入荷情報はこちらをフォローお願いします
merph  instagram
merph facebook

星ふたつ

私は
中日ファンです
しかし
なぜでしょう
広島にthe 3rd heimを作ってから
竜は地を這い蹲り
鯉は天へと昇ります

今や
鯉の強さは何者も寄せ付けません
虎をねじ伏せ竜を砕き
ツバメよりも早く泳ぎ
星よりも輝いて
竜を蹴散らし頂点に君臨しました
おめでとう広島

悔しいですが
完敗を認め
乾杯を捧げます

木曜日
the 3rd heimへ黒ラベルが二箱届きます
星ふたつ
二連覇へのお祝いと
今年こそ日本一になっていただくためへの陣中見舞いでございます

1 2 34 5 6 7 8