完 納

報告が少し遅れました
merphの2016年秋冬作品
各店舗納品完了いたしました
次第に在庫切れも生じておりますが
大玉の外套類
サイズかろうじて揃っております
たとえ最寄りの旗艦店になくとも
諦めずお尋ねください
直ちに他店舗より翌日着でご手配いたします

今シーズンは広島オープンもあり
在庫の消化率が普通の洋服レーベルでは考えられない域に達しております
このままいくと若き頃からの憧れだった
店舗入り口に
『SOLD OUT』の札を掛けなくてはいけないかと心配しましたが
そこまでにはさすがになりませんでした
でも
いい線いってます
これも名もなき洋服を信じてご購入いただいた皆様のおかげでございます
もう直ぐ12月
冬本番の身支度
お手伝いいたします

再登場

秋に入る前に女性ものは店頭から姿を消してしまっていたレイヤード仕様のカーディガン。

ご要望も多く、生地を新たに再登場です。

今回の生地はウールジャージ。
肉厚ながらも柔らかくふんわりとした手触り。
あたたかみがあり、優しい印象を受けます。
サラッと羽織るも、コートの下に着込むも、これから活躍しそうです。

暖かい部屋でこちらを羽織り、お気にいりのマグカップでホットココアを味わう。
そんな自分の姿が思い浮かびます。

もちろん男性ものも届いております。
カラーは2色。
ブラックとグレー。

ぜひ店頭でご覧下さい。

moebius

 

img_3827

お待たせ致しました。
先日ご紹介しておりましたメビウスの輪のようになっているこちらのスヌード。
本日、各店舗より一足お先に入荷致しました。
今回はこちらのツートンの2色です。

ダークグレー×グレー と ベージュ×アッシュ。

巻き方によって見える色や印象が変わるのも楽しみの1つになりそうです。
明日には神戸、広島、期間限定の金沢でもご覧頂けます。
そして、私は自分のお気に入りの巻き方を見つけたいと思っています。

臨時休業のお知らせ

11月8日(火曜日)
誠に勝手ながら臨時休業させていただきます。
ご迷惑お掛けしますが何卒よろしくお願い致します。

なお、11月9日(水曜日)通常通り営業致します。

cassowary

旦那に買わせて嫁が巻く

お待ちいただいている方が多いので
報告を兼ねて
今回で3回目のリリースとなります
メビウスの輪のようになっているスヌード
”moenius”
もう直ぐ入荷します
今年はベージュxアッシュとダークグレーxグレーの
ツートンで作りました

_MG_4474 

これは昨年のバージョンですが
この写真のように
簡単にボリュームをもたせながら巻くことができます

P__MG_1787

また
ケープのように肩にかけて使うこともできます
男性女性問わず使える作品です
旦那さんや彼氏に買わせて奪い取ることをお勧めします

今回のnavyは青みの強い
インディゴ染めのような色合いにしました
良い染め上がりです

 

火喰鳥珈琲

パックのドリップ珈琲も
じっくり
ゆっくり入れるとなかなか美味いものです

店頭出勤復帰後
毎日の日課はまず珈琲をうまく入れること
空調をつけなくても快適なこのシーズン
日中は入り口を全開にして
plarisのアルバムを聴きながら
美味しい珈琲を飲んでいます

しかし
人間は欲が出るもの
もっと美味しい珈琲を飲みたくなります
カウンターに並ぶ酒の下の段に
いろいろな豆を買って並べて
しっかりドリップ珈琲淹れられるようにしてみたい
最近そう思っております
店内に『火喰鳥珈琲』と看板を掲げる日が
いずれやってくるかもしれません

復旧作業

土曜日の夕刻
忙しい日にどうしてもやりたくなって
二人で汗をかいてレイアウトをガラリと変えました
未だ永久凍土のように
店の片隅には資料ボックスと昨シーズンの在庫がありますが
これもなんとか倉庫へ移動して綺麗にいたします
ここをもっと美しく
もっと広々とした空間に
そして人が集まる場所に
ここ数年間やらなくなっていたことを
少しずつ取り戻して
本来の姿にしていきます

anima snap.1

私にとって、ちょっとした贅沢な時間があります。

朝起きて、
窓を開けて、
空を見上げて大きく深呼吸。
気分に合わせて洋服を選ぶ。

ここ最近は涼しくなり過ごしやすく、
いつもにも増して楽しい時間になっています。

photo:
No.anm4042 / brown

 

トランスフォーム

comanderと名付けたMR1105トレンチコート
生地に関してはこれまで執拗に説明しましたが
このコートにはもう一つ売りがあります

img_3426

襟を立てて
鎧のように来ることもできますが
冒頭の写真のように前を折り返しボタンで止めれば
一気に姿を変えます

img_3421

merphの芯は独自のフォルム
簡単にはできないことですが
僕らの洋服を知る人が街角で
『あれはmerphの服だ』と
なんとなく気づいてしまう洋服を作っていきたいと思っています
簡単ではないですが
長い時間を変えていく価値のある仕事です

1 2 3 4 56 7 8 9 10