anima snap.1

私にとって、ちょっとした贅沢な時間があります。

朝起きて、
窓を開けて、
空を見上げて大きく深呼吸。
気分に合わせて洋服を選ぶ。

ここ最近は涼しくなり過ごしやすく、
いつもにも増して楽しい時間になっています。

photo:
No.anm4042 / brown

 

トランスフォーム

comanderと名付けたMR1105トレンチコート
生地に関してはこれまで執拗に説明しましたが
このコートにはもう一つ売りがあります

img_3426

襟を立てて
鎧のように来ることもできますが
冒頭の写真のように前を折り返しボタンで止めれば
一気に姿を変えます

img_3421

merphの芯は独自のフォルム
簡単にはできないことですが
僕らの洋服を知る人が街角で
『あれはmerphの服だ』と
なんとなく気づいてしまう洋服を作っていきたいと思っています
簡単ではないですが
長い時間を変えていく価値のある仕事です

cassowary

こんにちは、科田です。
9月末で店長の吉川が退職し、10月より本格的に店頭に立っております。

10月初日は デザイナー坂井とともに15年ぶりに店頭に立ちました。

ご縁。

不思議なものです。
その日、密かに誰よりも興奮していたと思います。

そんな中、昨日はまた心が温かくなりました。
あるお客様。
新しい人が入ったという事で、ご挨拶にとお店に立ち寄って下さったのです。
9月にも秋冬の服を見に、私が入ってる日にと
わざわざ足を運んで下さったお客様がいらっしゃいました。
とてもありがたく、皆様に支えられているお店だと感じています。

吉川店長のこれまでの7年間を思いますと、
皆様にしばらくご不便をお掛けするかとは思いますが、
これからも変わらず”cassowary”を、
そして、是非”科田”も合わせてよろしくお願い致します。

本日もcassowaryにて皆様をお待ちしております。

ご報告

こんにちは

cassowaryの吉川です

店頭でお会いした方々へはお伝えさせていただいてましたが

この度9月末を持ちましてcassowaryを運営する有限会社Sanctumを

退職することになりました

ブログをご覧いただいてる方には急なご報告となり

大変申し訳ございません

 

7年間という長い歳月の間に

cassowaryとmerphを通して数えきれない程の皆様と出会う機会をいただき

そこから生まれたご縁や楽しい時間に私の7年は支えられていました

月並みの言葉ですが

ほんとうに ほんとうにありがとうございました

これまでcassowaryへ通ってくれた方

どこかでmerphの洋服を身に纏ってくれている方

皆様に感謝致しております

 

あと3日間だけではございますが

いつも通り皆様のご来店をお待ちしております

これまでこのブログをご覧下さり

どうもありがとうございました

 

cassowary
吉川薫

 

名脇役

9月も残すところあと少し

朝晩はすっかり秋の気候となり涼しくなりました

これからが京都は1番魅力的な季節です

そして同じく洋服も

これからが1番楽しい季節だと思います

 

リバーシブルベストもやっと来月あたりから

着れるようになるでしょうか…?

c/# camouflageをお選びいただいた方の中に

この黄土色の生地が気に入りこちらにされるという方が意外と多いんです

インナーと色合わせをして試してみると

主役を喰う名脇役ばりに活躍する事かと思います

秋冬の真っ只中

去年の今頃は

2015S&Sのサンプルアップが続いている時で

毎日その検品と撮影をしていました

ですが今年はそれがありません

京都 神戸 広島

この3つの直営店でmerphを販売していく上で

展示会は必要なくなりました

ということで秋と冬に集中

本日もご来店お待ちしております

着惚れる。

こんにちは、科田です。

昨日は天赦日といわれるとても良き日だったそうですが
皆様如何お過ごしでしたでしょうか。
科田は、友人と天橋立の近くの真名井神社へ訪れました。
教えて頂いたのですが、知る人ぞ知る聖地だそうです。
凛とした空気。
良き日に、良き休日を過ごさせて頂きました。

本日、一日ぶりに出勤しますと待望のレディースのチェスターコートが店頭に。
皆様より一足お先に袖を通させて頂きました。

美しい。。。

思わず笑みが溢れます。
鏡の前で何度もくるくる。
柔らかくも凛とした表情。

早く皆様にお手に取って頂きたいです。

本日も、皆様のお越しをお待ちしております。

 

ベント

到着したばかりのウィメンズのチェスターコートは

ベントにmerphの刻印

美しい仕上りです

このアンゴラシャギーの生地感は

写真ではお伝えしきれない風合いなので

ぜひ店頭にてご覧下さい

宜しくお願いします

コウモリラン

お客さんにいただいた”コウモリラン”という植物

この独特な葉のカタチが素敵です

装飾的な要素がほとんどないのがcassowaryですが

観葉植物はすでに3つあって

緑は店の重要な要素の1つになっています

 

まだ可愛いサイズのこの植物も

ちゃんと育てると立派に大きな姿となるそうです

いまは店よりは家のほうが合うので

じっくりと育てて行こうと思います

はじめまして。

はじめまして。
9月から店頭に立ちはじめた”科田”です。
どうぞよろしくお願い致します。

ご挨拶とともに少しデザイナー坂井との出逢いについて書きたいと思います。
読んで頂けると幸いです。

出逢いは15年前。
坂井曰く一番荒れていた時代だそうです。
そんな時代に今はなきお店”Anonymous”で、
当時店長だった坂井のもとアルバイトとして働いていました。
たまたまアルバイト先を探していた時に、通りがかったお店でした。
一目みて、
 ”このお店かっこいい!!ここで働いてみたい”
好奇心と憧れだけで何も考えずその日に面接をお願いしたのを今も憶えています。
服のコトなど何も知らなかったのに我ながらよく勇気を出したと思います。
それから卒業と共に、私は別の道へ就職し、転職し、
月日は巡って、看板のないお店のデザイナー兼オーナーとなった坂井と再会しました。

はい。
再会した時、私はびっくりしてしまいました!!!
ご存知の方も多いとは思いますが、15年前の坂井はとても、、、。
と。書き出すとまだまだ長くなりそうですので、この辺にしておきます。
ご興味ある方はぜひ続きをお店にて。

最後に。

15年前に感じたコト。
看板のないこのお店に足を踏み入れた瞬間同じコトを感じました。
そして、あの頃より強くなった想いがあります。
洋服が好き。
そして、作り手の想いの詰まったモノが好き。
という想いです。
長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。

本日も皆様にお会い出来るコトを楽しみに、
cassowaryオープン致します。

1 2 3 4 56 7 8 9 10