日の目

昨年、新しい季節に向けて最初にご紹介しておりましたこちら。
お待たせしておりましたが、ついに登場です。

ブーツにも見えてしまうスニーカー。
昨年リリースできなかった作品の一つでもあります。

いろいろな要因で二の足を踏んだり、諦めてしまっていた作品たち。
踏み出した一歩がこうしてカタチになってみなさまにご覧頂けるよになりました。

日の目をみたこちらのスニーカー。
ぜひご覧ください。

花より団子

新作の納品が続いています。

鮮やかな裏地のカットソーに続いて、
indigo blueのスエットパンツも届きました。
広島へも即出荷していますので
cassowary、the 3rd heimどちらの店頭でもご覧頂けます。

今日は昨日までの凍える寒さが少し和らぎ、春を感じる良いお天気です。
近く東山ではここ数日”花灯路”が開催されており、本日が最終日だそうです。
実は私は行ってみたいと思いながらも、
仕事終わりの空腹に負け、未だ行くことは叶っていません。

花より団子。
今日こそは団子に勝てるでしょうか。

 

 

 

鮮やか

朝、店に出勤し開店準備をしていると大きなダンボール箱が2箱届きました。
もう少し先だと思っていたところの予期せぬ到着。
待ちわびていた新作の洋服たちとのご対面です。

段ボール箱を開けた瞬間、鮮やかな裏地が目に飛び込んできました。
胸が躍ります。
カラーは2色。

ダークナイト × レッド
アッシュ × ターコイズ

目を惹く鮮やかな裏地と軽やかで柔らかな肌触りを
ぜひ店頭にてご確認下さい。

webshop再開

長らく皆様にはご不便をお掛けいたしましたが、
merphのwebshopである“KAMMER”を再開致しました。

webshopはmerphホームページのonline storeよりご覧頂けます。

誠に勝手ながら、webshopでは一部の作品のご案内となります。
またwebshop上で在庫がない場合も、店頭では在庫がある場合もございます。
気になられる際は一度cassowayまでお問い合せ下さい。

cassowary, the 3rd heim, KAMMER
これからも宜しくお願い致します。

KAMMER WEBSHOP

春の準備

3月になりました。
先日より大幅に店内のレイアウトを変えています。

秋冬の洋服達に変わり、
まだ点数は万全とは言えないながらも、
これからの季節に活躍できる洋服達を主役にレイアウト。
洋服達は、広々とした空間でどこか生き生きとしています。

いつもと同じ空間。
家具の配置を変えたり、新しいアイテムを加えることで
空間が表情を変えていくのは面白く楽しいです。

洋服も同じように楽しみたいものです。

 

black ver.

宣言よりも二週間も早く
転写スウェットのblack ver.が上がってまいりました
TALKING ABOUT THE ABSTRACTIONの生産部隊の面々に感謝いたします

京都は本日より
広島は16日木曜日より店頭に並びます

wei 2017ss

まだまだ寒い日が続きますが、
店内は少し春の気配が漂ってきました。

転写パンツに続き、
到着を待ちわびていた”wei”の2017ss新作が入荷しています。


お気に入り頂いている方も多く、
cassowaryにはかかせない存在になっているwei(ウェイ)。
春に想いを馳せながら、ゆっくりと店頭にてご覧下さい。

 

 

 

I0249

私が店頭に立ち始めてから、”もう一度”とのお声が非常に多かった
転写パンツが完全バージョンアップをし、
2月1日、ついに店頭に並びました。
ただし、夕方になってからからやっと。

ブログやフェイスブックでご存知いただいていたお客様の来店がオープンから続き、
店頭に並べる前にかなりの本数がお客様のもとへ嫁いでいきました。

私からは何も語りません。

ぜひ店頭でご覧下さい。
そして、着心地の軽やかさと見た目とのギャップを体感頂きたいと思います。

しかしながら本日cassowary、創立記念日の為お休みとなります。
申し訳ございません。
3日、12時より店頭にてみなさまのお越しをお待ちしています。

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせです。

明日、2月2日木曜日。Sanctum創立記念日の為、
誠に勝手ながらcassowaryお休み頂戴致します。
お越し頂く予定をされていた方、申し訳ございません。
3日より通常営業しております。
よろしくお願い致します。

cassowary 科田

STOOL ONE

なにげに味わいのあるインテリア揃いのcassowaryです。

三角形をモジュールに立体的に形成された4脚まで重ねることのできるスツール。
“STOOL ONE”
デザイナーはドイツ出身のコンスタンティン・グルチッチ。
舌を噛んでしまいそうな名前です。
デザイナーの名前も印象的ですが、同じくスツールのフォルムも印象的です。
人間の骨盤を象っているとかいないとか。

こちらに腰掛けてお酒を飲む時は少々注意が必要です。
3カラーあるスツールの一部は東京のとあるバーよりcassowaryへ越してきたのですが、
酔った状態で体重の掛け方を間違えると転けてしまうこともあるそうです。
3本脚だからでしょうか。
そんな曰くもりますが、今cassowaryのカウンターで活躍しています。

お店にお立ち寄り頂いた際にはぜひ腰掛けてみて下さい。
ただし、お酒を飲まれる時はご注意下さい。

1 23 4 5 6 7