dolman&turkey

連日
たくさんのご来店ありがとうございます
毎年
この時期にまだTシャツが上がっていませんでしたが
今年は全て揃っております

四月に先陣を切ったMR4117は瞬く間に在庫を減らし
残すところあと2枚となっております
そこにフロントにメッシュ素材を配したMR4118が
blackとbeigeの2色で登場

さらに
好評のMR4117の生地違いMR4119を
blackとashで同時投入致しました

こちらの品番はanm4077にてwomensも制作しております

今シーズン、選んだ色と素材はご覧いただいた皆様に大変好評です
Tシャツに使う生地としてはかなりメーター単価は高かったのですが
裁断効率が非常によく
例年より販売価格を抑えることができました

本日の時点で
MR4117を含め全てのカラー揃っております
今年の夏もまだまだ
merphのドルマンスリーブTシャツの快進撃は続きそうです

online shop KAMMER

このところmerphのオンラインショップ
KAMMERからのご注文が増えております
顧客さまからの注文はもちろん
ありがたいことに
そんな顧客さまのご紹介というお客様も増えております

merphはSNSを除いて現在広告は一切しておりません
雑誌の取材はご存知の通りもう10年は受けていないと思います
京都のcassowaryと広島のthe 3rd heimでご覧いただかない限り
手に入らない状況です
そこで以前から
せめて遠方の皆さまやご多忙の方々にご購入いただければと
シンプルですがこっそりオンラインショップを設けておりました

スタッフ間でも
できるだけ色を忠実に
形がわかるように
写真撮影に力を入れてまいりましたが
その努力も報われます

先日もお伝えしましたが
在庫が一点ずつしかストックしておりません
売り上げが上がった直後はsold outの表記が出てしまいます
また
全体の在庫が最後の1点になった場合
実店舗での在庫があっても同じくsold outの表記が出ております
その際はお気軽にcassowaryもしくはthe 3rd heimへお問い合わせください

ゴールデンウイーク前にも新作が多数上がってまいります
速やかにオンラインストアにも掲載します
カタログとしてもご利用いただければと思います

KAMMER cassowary online shop

basic of merph

merphの各部屋に連日新作が届いています

京都はもちろん
広島でも着実に市民権を獲得している
merphのジップアップパーカー “trackleader”
夏が来るまで活躍するように
今回の
生地はコットンポンチを選びました


ashとblack
今回はカラーもbasicに

紳士淑女サイズ共に
京都と広島の店頭配備
完了しております         

Sanctum創立記念日

本日、2月2日は有限会社Sanctumの創立記念日です。
誠に勝手ながらcassowaryはお休み頂戴いたします。

昨年のこの日はthe 3rd heimでの研修と称して、
広島の街と食と人を満喫していました。

寒空の下、
the 3rd heimから歩いてほど近くの”ORIZURU TOWER”に登り、
あまりの寒さにお借りしたブランケットに包まりながら、
頂上の景色に息を呑み、
この景色を独り占めしていたのが思い出されます。

あれから1年、
今年はゆっくりぬくぬくと京都で過ごすことにします。

皆様、
よい一日をお過ごし下さい。

 

cassowary年末年始のお知らせ

年末年始のcassowary営業日のご案内です。

年内は12月31日まで休まず営業しております。

年始営業は下記の通りです。
時間が変則的になっておりますのでご了承ください。

 12月30日(土)        12:00−18:00
 12月31日(日)           12:00−18:00 
            1月1日(月)   お休み  
         1月2日(火)   12:00−18:00
         1月3日(水)   12:00−18:00
         1月4日(木)以降 通常営業 

よろしくお願いいたします。

早いもので2017年も残すところ4日となりました。
年内はみなさまのご来店をお待ちしながら最後まで走り抜けますので、
お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

 

 

12.09 cassowary営業時間のお知らせ

本日のcassowaryは『LIVE cassowary file:9』開催の為、
誠に勝手ながら16時までの営業とさせていただきます。

また、
本日のライブのチケットは完売致しました。
嬉しいかぎりです。
ご参加いただける皆様、今宵は皆様と目一杯楽しみたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
開場は18時の開演が19時となっております。
18時より前の店先でのお並びは近隣へのご迷惑となりますのでご遠慮いただいております。
ご理解賜りますと幸いです。

ついに待ちに待った1日がスタートします。
ご来店お待ちしてます。

 

 

Ready

みなさまにお待ちいただいていた新型コートが2つ届きました

本格的な冬の前に店頭も潤い、ご覧いただく準備は万全です

本日届いたMR1118も先ほど広島へ出荷完了しました

本撮影前の写真の為、撮影が終わるまでこちらの写真でご了承ください

photo:
anm1068 C/#army
anm1068 C/#black
MR1108 C/#glencheck

 

 

追いメルフ

入荷して一週間
毎日売れ続けて
この連休で早くも完売となっておりましたMR4111
工場様に休日返上でご協力いただき
本日追加納品が届きます
お待ちいただいていた女性用の品番も加わります

さらに
リクエストが多かったプルオーバーパーカも仕上がってまいりました

遅くなりましたが
11月はmerph新作の入荷ラッシュとなります
ご期待ください

LIVE cassowary file:9

こちらのイベントは
おかげさまでチケット完売となりました
ご参加いただく皆様、誠にありがとうございます

前日の金沢公演『トネリコトライアド chord:3』はまだお席ご用意できます
ご都合が合えば、是非、ご来場ください

トネリコトライアド chord:3

*************************************************************************

六月のcassowary 10周年記念LIVE第一弾
 “LIVE cassowary file:8″から半年
約束どおり”第二弾”を12月9日に開催いたします

出演者は前回のライブで前座を務めてくれた

『浜端ヨウヘイ』

六月のLIVEで披露してくれた新曲
『ただそれだけの歌』
ジョンレノンの”イマジン”の対義語の様なこの歌が
会場の多くの方の心を鷲掴みにしました
その後のみなさんからのライブ開催のリクエストに
ようやく応えることができます

192cmの大きな体から生まれる
優しくも力強く美しい歌声で
きっとこれから体に負けないくらい
日本の音楽界でその存在を成長させていくことだと思います

そんな素晴らしいアーティストが
我々cassowaryの小さなわがまま音楽会に
ツアー終了したてなのにもかかわらず
うまい飯につられて駆けつけてくれることになりました

この機会にぜひ皆様にも浜端ヨウヘイの音楽を
一緒に楽しんでいただけたらと思います

そして
当然のことながら事務所の後輩が
merph主催の音楽会に出るとなれば
この先輩が黙っていません

前乗りの女王こと
『あらきゆうこ』 
彼女もコーネリアスのツアーで大忙しなのに
安定の前乗りで参加してくれます
今回はカフォンを中心にサポートしてくれます

もう一人
もうこの男も我々のイベントのレギュラーと言っていいでしょう

この夏NEW ALBUM『DRAWINGS』をリリースしたインストゥルメンタルバンド
『nabowa』のヴァイオリニスト『山本啓』 
最近では趣味が高じて麻婆豆腐のプロフェッショナルとなり
そちらでもイベントに引く手数多ではありますが
今回はもちろん本職ヴァイオリンの貴公子としての参加であります

いつもながら
たかが洋服屋の音楽会に
素晴らしいアーティストの皆様にご出演いただき
誠に恐縮ですあります

それでは
以下イベント詳細を記載いたしますので
ご確認の上
ぜひご来場ください
今回の会場はcassowaryです

******************************************

LIVE cassowary file:9
『浜端ヨウヘイ アコースティックライブ』
日程:12月9日(土曜日)
時間:18:00open 19:00start
会場:cassowary
   〒604-8117 京都府京都市中京区堀之上町118シスビジュー堺町六角1F

料金:前売り¥4,000(w/1food&1drink)
   当日券¥4,500(w/1food&1drink)
   *定員を超えた場合、当日券は販売致しません。

6月のLIVE cassowary file:8で前座を務めてくれた浜端ヨウヘイくんのライブを

チケット購入方法

件名に『LIVE cassowary file:9』とご記入いただいた上
下記必要事項をメールにてご連絡ください

info@sanctum.co.jp

①ご氏名(フルネーム)*複数の場合は全員のフルネームをお願いします

②携帯電話番号 *複数の場合は代表者の電話番号をお願いします

③チケット購入方法 A〜Cいずれをご希望かをお選び下さい

A:店頭にてご購入(ライブ前日までの事前購入が条件です)

B:お振込にてご購入(お振込手数料はお客様負担となります)

C:カード決済(paypal経由のメール請求にてカード決済  決済手数料150円/枚)

上記ご記載の上、送信して頂いたメールにそれぞれの決済方法の返信いたします

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

今年私が一番興味を惹かれた映画『ゴッホ 最後の手紙』が
いよいよ明日11月3日に公開となります。

主役である天才画家のゴッホには謎が多く、
この世を去ったのも一般的には銃による「自殺」とされていますが、
自殺では説明がつかないことが多いことも知られています。
物語は、謎に包まれたゴッホの死の真相に迫るというサスペンス映画なのですが、
更に興味深いのが、
全編が動く油絵で構成されたアニメーション映画だという点です。

油絵が動く

しかも、ゴッホの様々な名画が現在に蘇って動き出す

いったいどのようにすれば動くはずのない絵画が動くのでしょうか。
製作はゴッホの絵を再現し動きを与える為に、
まずは俳優による実写撮影が行われ、
その映像を世界各国からオーディションで選ばれた125名の画家の手によって
油絵へと描き変えられ、
それらを最終的にアニメーションとして仕上げるという
簡単に言ってしまえば芸術と映像技術の融合なのですが、
気の遠くなるような作業があったことが想像できます。

新しい試みがなされる時、賛否両論あるのが世の常ですが、
ゴッホ自身の目に映った世界をほんの一欠片でも現代で体感できるかと思うと
楽しみで仕方ありません。

「我々は自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」
これは、ゴッホが残した言葉です。

merphの洋服も一人のデザイナーの頭の中から、
多くの人の手と技術から1つの作品が出来上がっています。
そして、
誰かに身に纏われたときにmerphの洋服達は語り出すと私は感じています。

 

back 12 3 4 5 6