選択と決断

今年のセリーグも5球団の潰し合いで
カープの三連覇が見えてきました
思い起こせば2年前
下山と車で京都へ向かい
merphデザイナー坂井と京都cassowaryの科田との
会議で決めたオープン日
9月10日にカープが
25年ぶりの優勝をするという奇跡を体験して以来
the 3rd heimの周年とカープの優勝はセットになっております
あの歓喜の日から
これまでとは全く違う洋服の世界に飛び込んだ私は
そこそこやれるだろうという自信を
一瞬で打ち砕かれ
恥ずかしく思うほど無知でありました
現実を京都の魔神に見せつけられ
世の中の洋服屋で『こだわり』と
説明される全てを 『当たり前』と蹴散らす頑固者と対峙し
必死で洋服の勉強をしてきました
その自負を持って春にある提案を
坂井にぶつけてみました

『僕に二周年の記念作品を企画させてくれ』
坂井からの答えは
『いいよ』
あまりにもあっさりと承認されて
“馬が人参鉄砲”を食らった顔になってしまいました

いざ制作に入ると
生地を選ぶのに悩み
発注するタイミングが遅れ生地がなくなってしまう
自分の決断力の無さで招いたトラブル
しかし、ピンチはチャンスと
もう一度考える時間ができ
妥協することなく生地を選びました

1つの作品を仕上げるために
無数の選択の嵐
どんどん押し寄せてくる決断の波
坂井が妥協せず毎シーズンこなしている
工程を身をもって体験でき
あらためて自分の販売している
レーベルに誇りをもてました

そして
最後まで悩んだカラー名は
坂井に相談すると
「すこし待ってて」と
撮影コーディネートを考えていたものの5分で
「決まったよ」とあっさりと解決

ibizaとdublin
この名前で街の風景をご覧ください

ibizaは納品完了し
dublinはカープのリーグ優勝が
決まる頃には仕上がる予定
再び優勝日と同日という奇跡が起こるかもしれません

馬越